【法人向け】屋外におすすめの防犯カメラを厳選!選び方や最新事例も紹介

屋外おすすめカメラを厳選

マンション・寮などの集合住宅、駐車場などに防犯カメラを設置したい方も多いことでしょう。しかし、屋外向けの防犯カメラは屋内用の防犯カメラと違い、防水・防塵性能に強さが必要であり、場合によっては設置に工事が必要になるケースもあります。

そこでこの記事では、皆さまが迷わず最適な選択ができるよう、屋外向けの防犯カメラに特化した情報をお届けします。小売店やオフィス、営業所などにぴったりな防犯カメラ選びの参考にしてください。

映像が確認しやすいSafie Viewer
ぜひ使ってほしい無料機能!
映像の共有やさまざまな検知機能、
並び替えできるカメラ一覧をデモ映像とあわせてご紹介!

屋外に適した防犯カメラの選び方5STEP

屋外カメラ選びの5STEP

法人向けの防犯カメラは、自分で最良の防犯カメラを選びたい方もいらっしゃるでしょう。屋外向け防犯カメラを選ぶときは、次に紹介する5つのステップで理想の防犯カメラを見つけましょう。

STEP1.設置目的で選ぶ

まず、屋外に防犯カメラを設置する目的により、必要な解像度やカメラサイズの基準を設けることが重要です。たとえば、店舗のセキュリティ目的や駐車場の空き状況のチェック、現地の天候を知るなどのさまざまな利用方法が考えられます。セキュリティ目的であれば、高画質な映像が求められ、現地の状況を確認する場合はワイヤレス接続が便利です。設置目的に応じて、必要な機能や性能を洗い出しましょう。

STEP2.設置場所で選ぶ

屋内と屋外の防犯カメラでは、求められる性能が変わってきます。屋内に設置する場合、防水・防塵の性能は低くても構いません。しかし、風雨にさらされる屋外での設置を考えるなら、IPコードで性能をチェックする必要があります。IPコードとは、国際電気標準会議(IEC)が定めた電気製品の防水・防塵性能を表す規格です。この数値が高いほど耐久性能に優れており、屋外に設置する防犯カメラではIP66以上の製品を選ぶことをおすすめします。

屋外に設置できる防犯カメラは、おもにパレット型とドーム型の2種類に分けられます。パレット型は壁や天井から突き出すように設置するタイプであり、防犯カメラの存在感が強くなることで防犯効果を高めることが可能です。一方、ドーム型は壁や天井に貼り付けるように設置するタイプであり、自然な見た目のまま防犯カメラを設置できます。そのため、美観を損なう心配が少なく、来訪者に威圧感を与えにくいのがメリットです。

STEP3.録画・保存形式で選ぶ

防犯カメラの保存形式は、おもにレコーダー録画、クラウド録画、SDカード録画の3種類に分けられます。レコーダーを用いた形式は、初期投資がもっとも高くなりますが、ランニングコストはかかりません。クラウドを用いた録画形式は、初期投資は安価ですが、ランニングコストがかかります。SDカードを防犯カメラに内蔵した録画形式は、もっとも安価に導入できますが、セキュリティ性能や記録時間はほかの形式に比べて劣ります。

Safieがおすすめするのは、クラウドを用いた録画形式です。クラウド保存は、SDカードのようにデータを紛失する危険性も少なく、レコーダーのように多額な導入コストはかかりません。最長365日分の長期間録画やリアルタイム監視などを手ごろなで価格実現できるのがクラウド録画サービスです。

STEP4.ネット接続の方法で選ぶ

防犯カメラのネット接続には、LANケーブルに接続する有線接続とワイヤレスでネット環境に接続する無線接続の2種類があります。有線接続は、安定した通信を確保するメリットがありますが、ケーブルの敷設工事が必要となり、初期費用が高くなるデメリットも考えなければいけません。一方、無線接続は工事が必要なく、無線通信の圏内であればどこでも手軽に設置できるメリットがありますが、電波状況によって通信が不安定になるデメリットもあります。

また、ジャミングと呼ばれる電波妨害機器によって映像を録画できない危険性もあることから、犯罪抑止を目的とした屋外用の防犯カメラには有線接続をおすすめします。

STEP5.必要な機能で選ぶ

防犯カメラの機能も製品によって異なり、音声入力や遠隔操作などの違いがあります。ここでは屋外向け防犯カメラに搭載できるおもな機能を紹介します。

屋外向け防犯カメラの機能

機能用途
音声入力マイクを搭載したカメラ。録画映像に音声をつけることができる。
スマホでの映像確認クラウド録画型カメラ、もしくはネット接続できるカメラ。スマホやパソコンから遠隔で映像が確認できる。
遠隔操作PTZ(パン・チルト・ズーム) 機能を搭載したカメラ。カメラの向きの変更やズーム操作ができる。
動体検知動体検知機能を搭載したカメラ。人物や動物などの動きを検知し、録画開始やスマホへの通知などができる。
夜間撮影赤外線照射もしくはWDR(ワイドダイナミックレンジ)機能を搭載したカメラ。夜間や逆光での映像も撮影できる。

これらの機能は家庭用の防犯カメラには搭載していない機能も一部あり、オフィスや店舗で利用するなら法人向けの防犯カメラをおすすめします。

詳しい機能や、目的に合った設置場所やカメラの種類に迷ってしまう場合には、お気軽にご相談ください。

オンライン相談
オンラインでのご相談
入力項目はたった5つで簡単に予約可能!
お客様の課題や目的に合ったカメラの活用方法について、事例と併せてご提案します。
お気軽にご相談ください。

屋外の防犯カメラの意外な設置事例

実際にSafieの屋外防犯カメラをご利用いただいているお客さまの事例を紹介します。広島レンタカー株式会社さまは、24時間365日車の貸出・返却を可能とする無人店舗を運営しています。しかしながら、無人店舗ではなにか問題が起きたときに遠隔で映像を確認できる仕組みが必要でした。

警察へ映像を提供することも前提に考えて、Safieの防犯カメラを採用いただいています。実際に防犯カメラを導入した結果、オンラインでの予約後に3時間たっても出庫していない車や駐車スペースを間違えて返却した車をすぐに発見できるといった意外な活用方法を発見いただけました。防犯目的だけでなく、スムーズな業務遂行にも屋外用の防犯カメラを役立てることもわかる事例です。

屋外に防犯カメラを設置するときの費用や注意点

屋外向けの防犯カメラは、屋内向けのものに比べて、費用が高くなる傾向があります。風雨や太陽熱などの厳しい屋外環境にも耐えられるような耐久性が求められるからです。

おおよその相場は3万円前後を見込んでおくのが良いかと思います。もっと安い機種は市場にはありますが、防水・防塵機能が弱いものやレンズ性能の低い機種になる可能性もあります。そのため、性能が適切であるかどうかは念入りに調査することをおすすめします。

また、防犯カメラの設置以外にも、レコーダーやモニターなどの費用が30〜50万円ほど必要です。さらに通信ケーブルの敷設や設置工事費の費用が50〜70万円となる場合もあり、総額では100万円以上が必要となるケースもあります。

【法人向け】屋外におすすめの防犯カメラ

それでは早速、法人様向けの屋外用防犯カメラとして強くおすすめできるSafie製品を2つご紹介しましょう。

モデル画像価格屋内/屋外特長防水防塵音声入力音声出力有線LANWi-Fi暗所撮影PoE給電AC電源
VIVOTEK FD9389-EHV-v2(SF)ドーム型の屋外防犯カメラVIVOTEK FD9389-EHV-v2(SF)¥57,860(税込)屋外用IP66防水防塵IP66×××
i-PRO WV-U1532LA(SF)i-PRO WV-U1532LAUX¥70,840(税込)屋外用ハウジング一体IP66××××
i-PRO WV-S1536LUX(SF)i-PRO WV-S1536LUX(SF)お問い合わせください屋外用エッジAI搭載IP66××××

i-PRO WV-U1532LA(SF)

i-PRO WV-U1532LA(SF)

i-PRO
WV-U1532LA(SF)

防犯抑止効果の高いガン型カメラ

¥70,840 (税込)

外形奥行262mm 高さ112.5mm 幅112.5mm
重さ860g
防水性能IP66
ネットワーク接続有線LAN
PoE給電対応
画角水平43°~100° 垂直24°~56°
ズーム
マイク(音声入力)なし
スピーカー(音声出力)なし
暗所撮影対応

i-PRO WV-U1532LA(SF)は、屋外設置に特化したハウジング一体型カメラです。ハウジングがほこりや風雨などの厳しい屋外環境から防犯カメラを保護し、設置の自由度が大幅に広がります。また、電源供給にはPoEを採用しており、LANケーブル一本で電源まで確保できるのが特徴です。

VIVOTEK FD9389-EHV-v2(SF)

VIVOTEK FD9389-EHV-v2(SF)

VIVOTEK
FD9389-EHV-v2(SF)

IP66の防水防塵性とIK10の耐衝撃性を備えたドーム型カメラ

¥57,860(税込)

外形φ129 x 94 mm
重さ605g
防水性能IP66
ネットワーク接続有線LAN
PoE給電対応
画角水平103° 垂直57°
ズーム
マイク(音声入力)あり
スピーカー(音声出力)なし
暗所撮影対応

VIVOTEK FD9389-EHV-v2(SF)は、屋外設置に特化したドーム型カメラです。IP66およびIK10の基準を満たす頑丈なドームは、天井や壁に直接設置できるため、美観を損なうことなく威圧感を与えないデザインになっています。さらに、音声入力の機能も搭載しており、映像だけでなく音声も記録可能です。

まとめ:屋外設置のご相談もSafieへお任せください!

Safieの防犯カメラは、レコーダーやモニターを必要としないクラウド録画カメラであるため、初期費用では圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。カメラ本体が約6万円、POE(電源供給装置)が約1万円、そして工事費用も約4万円程度※1が一般的です。ランニングコストこそ必要になりますが、最長365日分の長期保存、PCやスマホを使った遠隔での映像確認などもできます。そのため、ランニングコスト以上に満足度の高い防犯カメラとしてクラウド録画サービスシェアNo.1※2を誇ります。
※1.工事費用は設置環境によって変動する可能性があり、実際の工事費用と大きく異なる場合があります。
※2.テクノ・システム・リサーチ社調べ「ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より

屋外向けの防犯カメラの購入から設置、アフターケアにいたるまで、一括してSafieにお任せください!

オンライン相談
オンラインでのご相談
入力項目はたった5つで簡単に予約可能!
お客様の課題や目的に合ったカメラの活用方法について、事例と併せてご提案します。
お気軽にご相談ください。