防犯カメラのDay&Night機能とは?撮影の仕組みや最適な利用場所について解説


防犯カメラのなかには、日中の強い日差しで映像が白飛びしたり、夜間の映像がうまく撮れなかったりするものがあります。防犯カメラは、基本的に24時間の防犯を目的として導入するため、昼夜を問わず鮮明な映像が撮れる「Day&Night機能」を備えた機種を選ぶとよいでしょう。

今回は、防犯カメラのDay&Night機能の仕組みや、暗闇の撮影に適した防犯カメラについて解説します。暗い設置場所にどのような防犯カメラを選べばいいのか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

防犯カメラの夜間撮影について

防犯カメラで夜間撮影を行なう場合、撮影したいエリアや物体に多少の明るさが必要です。物体の表面を照らす明るさの度合いは照度と呼ばれ、lux(ルクス)という単位で表されます。照度の目安は下表を参考にしてください。

<照度の目安>

場所(環境)照度
晴れた日の屋外100,000lux
曇天時の屋外30,000lux
駐車場5~30lux
映画上映中の観客席2~5lux
満月の月明かり0.2lux
月のない星明かり0.02lux
闇夜0.007lux
完全な暗闇0lux

夜間撮影にどれほどの照度が必要となるかは、防犯カメラの性能によって異なります。基本的にどれほど高性能な防犯カメラであっても、完全な暗闇での撮影はできません。

一方で、街灯などの明かりがある場所なら、現行のほとんどの防犯カメラで撮影可能です。映像の鮮明さは防犯カメラの性能に左右されるため、夜間に鮮明な映像を撮影するには照明を設置することが理想的です。

しかし、防犯性の観点や近隣環境などから、防犯カメラ周辺に照明を設置できないケースもあるでしょう。わずかな明かりがあるエリアでは、Day&Night機能を備えた防犯カメラなら照明がなくとも、人や物体を確認できる程度の撮影が可能です。

防犯カメラのDay&Night機能の基本知識

カメラ技術の発展により、近年は現行のほとんどの防犯カメラにDay&Night機能が備わっています。Day&Night機能の特徴や撮影の仕組み、適した環境について見ていきましょう。

Day&Night機能とは

Day&Night機能とは、周囲の明るさを自動で判別し、昼夜を問わずクリアな映像を撮影できる機能のことです。日中はカラーで撮影されるため、人物の髪色や服装など細かな情報まで収集できるでしょう。

ノイズが発生しやすい夜間は白黒撮影に切り替わり、少ないノイズで鮮明な映像が撮影されます。Day&Night機能搭載の防犯カメラは1台で日中と夜間に対応できるため、手軽に24時間監視を行ないたい場合などに適しています。

赤外線を利用して撮影する

Day&Night機能搭載の防犯カメラで夜間撮影が可能なのは、人の目には見えない近赤外線を利用するためです。

明かりのある日中は、人の視界に似たカラー撮影をするために近赤外線をカットしますが、明かりの少ない夜間は自動的に近赤外線を利用して撮影します。このとき、防犯カメラの光感度は0.001lux以下にまで向上し、わずかな明かりのもとでも高い感度で人や物体を撮影できるようになります。

前出の表で見ると、満月の夜は0.2luxの明るさがあるため、Day&Night機能搭載の防犯カメラなら夜間の屋外でも鮮明な映像を撮影できるでしょう。

防犯カメラが人や物体を撮影するための感度は、最低照度(最低被写体照度)とも呼ばれます。一般的に、防犯カメラで人の顔を認識するには0.5lux以下の最低照度が必要とされるため、Day&Night機能搭載の防犯カメラなら夜間撮影時にも高い防犯性能があるといえます。

Day&Night機能が適した場所・場合

Day&Night機能は、周囲の明るさに応じて自動で撮影フィルターを変更する点が特徴です。これを踏まえ、どのような場所や場合においてDay&Night機能が有効活用できるのか見ていきましょう。

明るさが変化する屋外や屋内

街灯や照明のない屋外は、日中は自然光で明るさが保たれますが、日没後はほとんど明かりがありません。このような場所では、Day&Night機能搭載の防犯カメラを設置し、24時間鮮明な映像を撮影できるようにしましょう。

また、店舗やオフィス、学校や病院など、消灯の必要がある屋内もDay&Night機能搭載の防犯カメラで24時間の防犯が可能です。

屋外または屋内の低照度環境

Day&Night機能搭載の防犯カメラは、十分な明るさが確保されない低照度環境にもおすすめです。例えば、日中でも建物の構造によっては暗くなりやすい駐輪場や駐車場、日光の入りにくい玄関やエントランスなどが該当します。

駐車場の様子

これらの場所は自動車のライトで一時的に強く照らされたり、ドア開閉時に日光が差し込んだりして空間の明るさが大きく変化します。先述のようにDay&Night機能は周囲の明るさに自動で対応できるため、低照度環境でも安定した映像を撮影できるでしょう。

夜間でも撮影できるその他の防犯カメラ

Day&Night機能が昼夜などの明るさの変化に対応できるのに対し、夜間撮影に特化した防犯カメラも存在します。以下では、夜間撮影に適したDay&Night機能の防犯カメラを紹介します。

センサーライトつきカメラ

センサーが人や動くものを検知し、自動でライトが点灯する防犯カメラです。照度の高いLEDなどで周囲を明るく照らすため、人や動物、物体などを鮮明に撮影できます。

センサーが反応するたびにライトが点灯するため防犯性が高く、リーズナブルな価格で購入できる商品もあるのが特徴です。

ただし、住宅街など環境によっては近隣の迷惑になる、車通りが多い場所や振動がある場所には向かないなど、設置時に注意するポイントは少なくありません。そのため、導入時は慎重な判断が必要でしょう。

センサーライトつきカメラが適している場所

不審者や泥棒対策をしたい場所(玄関付近、倉庫付近、資材置き場)など

暗視カメラ(高感度カメラ)

わずかな光を増幅させ、暗い場所でも撮影を可能にする防犯カメラです。最低照度は1lux未満(0.1~0.002lux)のものが一般的で、最低照度0.00001luxのような防犯カメラは超高感度カメラと呼ばれます。

暗視カメラはDay&Night機能搭載の防犯カメラと同様に、まったく光がない状況では撮影できません。それに対し、完全な暗闇でも撮影可能である赤外線カメラは、30メートル以内など限られた範囲の撮影を得意とします。

暗視カメラが適している場所

街灯のある屋外、豆電球程度の明かりがある屋内、常夜灯のあるエントランスなど

夜間の撮影ならSafieにおまかせください

クラウド録画サービスシェアNo.1のSafie(セーフィー)には、夜間の撮影に対応可能な防犯カメラが多数あります。

以下、Safieの特徴を紹介しますので、夜間撮影用の防犯カメラを探している方は、ぜひご検討ください。

Day&Night機能で24時間監視が可能

ナイトモード時は赤外線LEDを点灯することで周囲を鮮明に撮影でき、24時間クリアな映像を撮影可能です。

高感度カメラもラインナップ

暗闇を10メートルまで撮影できる屋内用ドーム型カメラ「VIVOTEK FD9166-HN(SF)」や、暗闇を30メートルまで撮影できる屋外用ドーム型カメラ「VIVOTEK FD9389-EHV-v2(SF)」など、暗所対応の高感度カメラを豊富にラインナップしています。設置場所の環境に応じて、必要スペックを搭載した一台をお選びください。

リーズナブルかつシンプルなクラウド価格

Safieは、ハードディスクや専用モニターを必要としないクラウド録画型の防犯カメラです。カメラ本体の料金と月額利用料金(クラウド録画1,320円/月~)を合わせた、シンプルな料金形態となっています。

業種や目的に合わせた多種多様なカメラ

医療機関や飲食店、小売店など多様な業種に向け、目的に合った一台をご提案します。設置場所の防犯レベル向上はもちろん、店舗内の不正防止や巡回業務の効率化、販促活動など、幅広い目的にご活用いただけます。

Pick Up