防犯カメラの逆光補正機能とは?代表的な種類ごとにメリット・デメリットを解説


設置場所によって被写体が逆光になってしまう時間帯があるため、ネットワークカメラには逆光補正機能というものがついています。

本記事では、逆光補正機能の仕組みやメリット・デメリットについて解説します。

逆光補正機能とは

逆光

逆光補正機能とは、被写体が逆光になってしまう環境で撮影されても、白飛びや黒潰れが起きないように補正する機能です。そもそも、なぜ逆光が発生するのか、まずは、逆光の発生原因とその対策となる逆光補正機能について整理します。

逆光とは

写真や動画を撮影する際、逆光を避けて撮影した経験がある方は多いでしょう。

逆光とは被写体の後ろから光が照らされている状態です。被写体の背景が明るく、レンズに強い光が入ってくるため、被写体そのものは逆に暗くなってしまいます。特に明暗差が生まれやすい西日などの環境では、時間帯によって逆光が発生しやすくなります。

結果として、被写体の明るい部分が白くなる“白飛び”、暗い部分が影で黒くなる“黒潰れ”が起こります。一般的に防犯カメラは固定で設置して被写体を撮影し続けるため、逆光を避けられないことも多くあります。

白飛びや黒潰れが起きる理由

逆光で撮影すると、なぜ白飛びや黒潰れが起きてしまうのでしょうか。理由は、逆光の状態で撮影すると、背景の明るい部分と被写体との明暗差が非常に大きくなるためです。

カメラには“ダイナミックレンジ”と呼ばれる、一度の撮影で識別できる明るさの範囲があります。ダイナミックレンジはカメラに搭載されたイメージセンサーの性能によって異なりますが、人が識別できる明るさの範囲に比べるとかなり狭いといわれています。

そのため、人の目でははっきりと識別できていても、被写体に明るかったり暗かったりする部分があり、それがダイナミックレンジを超えていると、カメラで撮影した際に白飛びや黒潰れが起きてしまうのです。

逆光補正機能で白飛びや黒潰れを解消

逆光の対策として、防犯カメラには逆光補正機能が備わっています。静止画であれば、ストロボの発光などで白飛びや黒潰れを防げますが、防犯カメラの動画撮影では、常に発光し続けることは現実的ではありません。

そのため、カメラのシャッタースピードや絞りを最適化することで、逆光環境における白飛びや黒潰れを防止します。逆光補正は防犯カメラにとって重要な機能の一つです。

逆光補正機能の種類と特徴

木漏れ日

代表的な逆光補正機能として、バックライト制御逆光補正・ハイライト抑制逆光補正・ワイドダイナミックレンジ補正の3つがあります。

バックライト制御逆光補正(BLC)

バックライト制御逆光補正(BLC)とは、撮影エリア内で、指定した領域の明るさを基準に調整することで、逆光を防ぐ機能です。エリア内の暗い部分にフォーカスして、露出を制御することにより、黒潰れを防ぎます。しかし、あまりに明暗差の大きな暗い部分を基準にすると白飛びしてしまうため、注意が必要です。

ハイライト抑制逆光補正(HSBLC)

ハイライト制御逆光補正(HSBLC)とは、撮影エリア内で指定した領域を黒く塗りつぶすこと(ブラックマスキング)で、全体の明るさを調整し、逆光を防ぐ機能です。エリア内の白飛びしている部分をマスキングして露出を制御することにより、強い光の明るさを抑えて白飛びを防ぎます。車のヘッドライトや西日など光により、白飛びしている場合に有効です。

ワイドダイナミックレンジ補正(WDR)

ワイドダイナミックレンジ補正(WDR)とは、撮影エリア内で明暗差が非常に大きな場合、シャッタースピードを変えて撮影した2枚の画像を合成して補正する機能です。同様の補正機能としてハイダイナミックレンジ補正(HDR)もあります。

SafieはWDR対応機種あり

Safie(セーフィー)対応のネットワークカメラにはWDRに対応した機種が豊富にそろっております。

設定画面からWDR機能をONにすることで、白飛びしている部分を暗く、暗く映っている部分を明るく調整できます。以下の動画でWDR機能のON/OFFを比較していますのであわせてご視聴ください。

>>サンプル動画はこちら

WDR対応のほかにも、Safieには以下の特長があります。

カメラにアクセスさせない強固なセキュリティ

Safieはカメラからクラウドに映像を送信しますが、外部からカメラに直接アクセスできないよう、強固なセキュリティ対策を施しています。そのため、悪意のある第三者の不正アクセスを未然に防ぐことができ、安心してご利用いただけます。

なお、クラウドに録画データが保存されますが、データは最新の暗号技術で守られており、各通信経路も暗号化されています。

リーズナブルかつシンプルなクラウド価格

Safieは月額1,320円(税込)からご利用いただける(※)ため、非常にリーズナブルです。ハードディスクなどの録画機器や監視用モニターなども不要で、すぐに導入していただけます。

※カメラ1台あたり/映像保存期間7日の場合。初期費用別途。

>>料金プラン詳細はこちら

業種や目的に合わせた多種多様なカメラ

Safieでは、屋内用のドーム型カメラや屋外用の防水バレット型カメラ、人の動きに反応するモーションセンサーカメラなど、さまざまな機種を用意しています。業種や目的に合わせて、最適な機種をお選びいただけます。

導入実績多数

大手企業様から個人経営の店舗様まで、Safieは法人・個人問わず、数多くのお客様にご利用いただいております。オペレーションの効率化や万引き防止など実績も数多くありますので、少しでもご興味があれば下記からお問い合わせください。

Pick Up