録画機能付き防犯カメラのおすすめと選び方。録画媒体別の解説

録画機能付き防犯カメラの選び方

せっかく防犯カメラを設置するなら、後から映像を振り返ることができる録画機能付きのものが便利です。録画機能付きの防犯カメラには、常時録画と動きがあった時のみ録画する2タイプ、主な録画媒体が4種類あり、それぞれの特徴やメリットを解説します。

メリットの多いクラウド録画型の防犯カメラの利点を実際の活用事例をご紹介。防犯カメラ購入の参考にしてください。

Safie One

録画機器の購入・メンテナンス不要
インターネット経由でクラウド保存できるカメラ

録画機能付きの防犯カメラの特徴やメリット

防犯カメラを設置する理由は人それぞれですが、その名のとおりに防犯目的で設置する例が多いでしょう。カメラを設置しているだけで犯罪を抑止する効果も期待できますが、やはり何かあった時には証拠映像を残しておきたいところ。録画機能付きの防犯カメラがあれば、犯罪やトラブルが起きた時の映像をきちんと記録し、後から検証することはもちろん、警察などに証拠として提出することができます。

録画機能付きの防犯カメラと一口に言っても、常に映像を録画する「常時録画タイプと、撮影範囲内で動きがあった時にだけ録画が行われる「動体検知機能を搭載したタイプがあります。動体検知機能搭載のカメラの場合、撮影範囲内で何も動きがない間は録画が行われないため、録画時間が少なく済むという利点があります。後から映像を見返す時にも便利ですが、そもそも人の往来が多い場所に設置している場合は、常時録画とあまり変わらないかもしれません。したがって、常時録画タイプか動体検知機能搭載タイプのどちらがいいかは、設置する場所や目的に合わせて決める必要があります。

防犯カメラの主な録画媒体4種

録画機能付きの防犯カメラは、主にHDD、SSD、SDカード、クラウドの4種類の記録媒体のいずれかに録画映像を保存します。ここでは、まずこれら4つの記録媒体について解説します。

HDD(ハードディスクドライブ)

パソコンに記録媒体として搭載され、テレビのレコーダーとしても利用されているHDDは、価格が安く保存容量が大きいのが特徴です。長時間の録画が可能でコストパフォーマンスがいい反面、サイズが大きいことや振動に弱く故障しやすいことはデメリットと言えるでしょう。防犯カメラの場合、HDDはカメラ本体でなく専用のレコーダーに内蔵されます。主にアナログカメラの映像をケーブルで接続したレコーダーに録画する形で利用されていますが、最近はワイヤレスでレコーダーに録画できるタイプも増加中です。防犯カメラ専用のHDDの場合は、映像に加えて日時を記録することができます。

SSD(ソリッドステートドライブ)

近ごろ増えているSSDも、HDDと同じようにパソコンなどに広く使用される記録媒体です。半導体メモリを使用しているためHDDよりも処理速度が速く、高性能のパソコンに多く搭載されています。かさばらないコンパクトサイズである上、HDDと違って衝撃や振動に強く、動作音も静かで、消費電力も低い、といいこと尽くしですが、価格が高いため大容量の記録媒体としてはコストパフォーマンスで劣ります。防犯カメラの場合は、屋外用のカメラに内蔵されている例が多いようです。

SDカード

着脱可能な記録媒体であるSDカードは、スマートフォンやデジタルカメラ、ポータブルゲーム機などで使用されます。サイズがとても小さく薄いことが特徴です。HDDやSSDに比べると保存容量が限られており、静電気や衝撃などが原因で故障しやすいというデメリットもあるため、長期的な使用には向きません。

ただし、一時的な保存媒体として容量と価格のバランスを見れば、コストパフォーマンスは高いと言えます。コンパクトで着脱可能な点を活かし、防犯カメラ本体やレコーダーに装着する形で使用されています。

クラウド

データをインターネット上の保管場所に保存する方式をクラウド型と呼びます。HDDやSSD、SDカードが全て物理的なデバイスであるのに対し、クラウド型では、クラウドサービスの提供者が用意するサーバーを利用します。このため、スマートフォンやパソコンがあればどこからでもデータにアクセスできるのが特徴です。インターネット接続が必須ではありますが、レコーダーが不要であることや、カメラが盗難に遭ったり破壊されたりしても全ての録画データが失われないことは、他の記録媒体に対する優位性と言えるでしょう。

録画媒体別の防犯カメラタイプとそれぞれの違い

ここまでで説明した4種類の録画媒体はどれも防犯カメラでも活用されていますが、記録媒体の違いは防犯カメラのタイプを左右します。ここでは、それぞれの録画媒体を使った典型的な製品タイプを見ていきましょう。

レコーダー記録型

最も一般的なレコーダー記録型は、カメラ本体とは別のレコーダーに録画映像を記録するタイプの防犯カメラです。アナログカメラの映像をケーブルで接続したレコーダーに保存するDVR(デジタルビデオレコーダー)方式、そしてカメラ映像をLANケーブルないしWi-Fiを通じて保存するNVR(ネットワークビデオレコーダー)方式があります。録画はカメラ本体ではなくレコーダー側で行われるため、サーバーを設置してカメラの制御システムと一緒に管理するタイプが一般的です。

本体内蔵型

カメラ本体にSSDやSDカードが内蔵されているタイプの防犯カメラは、本体内蔵型に分類されます。基本的にこのタイプの防犯カメラではリアルタイムでの視聴はできません。犯罪の抑止や何かあった時に証拠映像を取り出すことを目的として利用されることが多いでしょう。

このタイプの防犯カメラは安価でコンパクトなものが多く、また電源さえあれば設置可能なため、設置に費用や手間がかからない点がメリットです。反対に、保存容量が少ないため長期間の映像記録には向かないほか、カメラ本体を盗まれた場合や壊された場合には録画データも無くなってしまうというデメリットがあります。

無線機記録タイプ

カメラと受信機を無線で接続し、映像を受信機側のSDカードに記録するタイプの防犯カメラもあります。ワイヤレスで映像を受信機に送信するため、有線接続のレコーダー型と違って配線が不要で、設置が比較的簡単です。また、SDカードはカメラ本体に装着されるわけではないため、カメラが盗まれたとしてもデータは失われません。

ただし、防犯カメラと受信機の距離が離れすぎると映像を送信できないため、設置場所には制約があります。記録媒体はSDカードなので、保存容量が少ない点は本体内蔵型と同様です。

クラウド型

録画媒体がクラウドである防犯カメラは「クラウドカメラ」などと呼ばれます。カメラの映像はリアルタイムでインターネットを通じてクラウドにアップロードされるため、離れた場所にいてもスマートフォンなどでいつでも録画映像を確認できる点が特徴です。さらに、動体検知機能や通知機能を搭載した製品であれば、異常があった時に通知を受け取ることも可能。録画用のデバイスが不要なので導入時の初期費用も抑えられます。

ただし、クラウドに映像を保管するための利用料金が毎月必要になることと、インターネットを介して映像をアップロードするため、接続環境が悪い場合に映像が記録されないことには注意が必要です。

防犯カメラの導入に際して、ご自身の目的に合った録画媒体にお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

オンライン相談
オンラインでのご相談
入力項目はたった5つで簡単に予約可能!
お客様の課題や目的に合ったカメラの活用方法について、事例と併せてご提案します。
お気軽にご相談ください。

クラウド録画型の防犯カメラの利点と活用事例

このように、録画機能付きの防犯カメラにも様々なタイプの製品があります。最近はレコーダー不要で手軽に設置できる製品が増えていますが、中でもクラウド録画型のカメラには従来の防犯カメラにはない多くのメリットがあります。クラウド録画型の防犯カメラの最大の特徴は、映像を録画するだけではなく、スマートフォンなどを使ってリアルタイムでどこからでもカメラの映像を確認できる点でしょう。

クラウド録画サービスでシェアNo.1の「Safie(セーフィー)」のクラウド防犯カメラの場合、映像は最大15人で同時に閲覧できるほか、複数のカメラを設置した場合には、その全てあるいは一部のカメラの映像を一覧で表示することも可能です。(※No.1:株式会社テクノ・システム・リサーチが調査した「2022年ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より。)さらに、動きや音を検知したらメールなどで通知する動体検知機能も搭載されています。

また、従来の防犯カメラシステムだと導入に必要な機器が多く、高額な初期費用が必要でしたが、クラウド録画型なら導入時にかかる費用をぐっと抑えることが可能です。映像は全てクラウドサーバーに保存されるため、録画用のデバイスやサーバーの設置はもちろん不要で、映像を確認するために専用モニターを購入する必要もありません。

ランニングコストとしてクラウド料金が必要にはなりますが、Safieの場合、録画期間は最小7日から最大365日の7つの選択肢から選ぶことができ、最小の7日間の録画プランだと月々の利用料金は税込み1,320円と低価格です。

セキュリティから報告業務の短縮まで活用

企業名:株式会社ダッドウェイ
業界:小売・サービス
企業規模:101〜300名

育児用品の販売やアフタースクール、親子カフェなど様々な事業を展開する株式会社ダッドウェイさまは、従来型の防犯カメラからSafieのクラウド防犯カメラに切り替えた企業の1つです。

導入目的

従来の店舗では、HDDドライブに映像が記録されるタイプのセキュリティカメラを利用していましたが、リースやシステムの操作性で使いづらさを感じていたそう。新事業ではさらに多数のセキュリティカメラの設置が求められました。

しかし、それまで利用していた防犯カメラの会社に依頼すると大きなコストになってしまうと気づいたことがきっかけで、クラウド型への変更を検討されたといいます。

導入した結果

セキュリティ面だけでなく、スタッフの困りごとの把握にも活用されており、それに伴って報告業務の時間短縮を実現されました。これまで日報や週報で出来事のすべてを文章化する必要がありましたが、映像で代替できるようになりリアルタイムに本部と共有されています。

クラウド録画機能付きおすすめ防犯カメラ

モデル画像価格屋内/屋外特長防水防塵音声入力音声出力有線LANWi-Fi暗所撮影PoE給AC電源
Safie OneSafie One¥41,800(税込)屋内用工事不要。エッジAI搭載×
VIVOTEK FD9166-HN(SF)VIVOTEK FD9166-HN(SF)¥54,780(税込)屋内用暗所に強い××××
AXIS M5074 PTZAXIS M5074 PTZ¥113,080(税込)屋内用PTZ搭載IP51××××
VIVOTEK FD9389-EHV-v2(SF)VIVOTEK FD9389-EHV-v2(SF)¥57,860(税込)屋外用IP66防水防塵IP66×××
i-PRO WV-U1532LA(SF)i-PRO WV-U1532LA(SF)¥70,840(税込)屋外用ハウジング一体IP66××××
i-PRO WV-S1536LUX(SF)i-PRO WV-S1536LUX(SF)お問い合わせください屋外用エッジAI搭載IP66××××

終わりに

録画機能付きの防犯カメラは、主に4種類の録画媒体のいずれかを利用しており、利用している媒体によってカメラのタイプも分かれます。レコーダーに映像を記録する従来型の他に、本体内蔵型や無線機記録タイプもありますが、リアルタイムでどこからでもカメラ映像を確認できるクラウド型なら、専用モニターやレコーダーが不要なため初期費用を抑えることもできて一石二鳥。

この記事でご紹介した屋内向けと屋外向けの2つの製品は、あくまで代表的な製品例に過ぎません。クラウド録画型の防犯カメラについてもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

オンライン相談
オンラインでのご相談
入力項目はたった5つで簡単に予約可能!
お客様の課題や目的に合ったカメラの活用方法について、事例と併せてご提案します。
お気軽にご相談ください。