オンラインストア

公共事業向けクラウド録画カメラの使い方

資料ダウンロード
公共事業向けクラウド録画カメラの使い方

河川の氾濫をクラウドカメラで監視
危険なエリアに立ち入ること無く安全確認が可能に

クラウド録画サービス「Safie(セーフィー)」は、防犯カメラからの映像をクラウドで録画・視聴できるサービスです。公共機関でのご利用では、河川や危険エリアの監視や公共施設の管理など、幅広い用途で使われています。自治体や第三セクターなど様々なお客様にご利用いただいています。

こんな事で使えるSafie

かんたん、どこにでも設置できるSafieのカメラは、物流倉庫に最適。滞留が発生しやすい箇所など、これまで設置に手間のかかる場面でも、すぐにご利用いただけます。

氾濫しやすい河川にセーフィー対応カメラを設置

Use Case 1氾濫しやすい河川に
セーフィー対応カメラを設置

Point河川をクラウドカメラで監視
Live配信を通して周辺住民も映像利用が可能に

河川の氾濫もSafieのカメラでバッチリ録画。危険を冒すこと無く水位を遠隔確認できます。複数の危険エリアの状況を一瞬で把握し、適切な避難誘導を指示できます。

おすすめ
ソリューション
プロダクト
アプリケーション
災害発生時の遠隔の目としてSafie Pocket2を利用

Use Case 2災害発生時の遠隔の目として
Safie Pocket2を利用

Point災害時に現場の状況把握にも、リモート対応が可能

災害が発生した現場の確認も、Safieのカメラで録画・共有可能。現場の状況を本部へリアルタイムで共有し、適切な対策を講じることが可能です。LTE・バッテリー搭載の「Safie Pocket2」であれば、どんな場所でも撮影できます。

おすすめ
ソリューション
プロダクト
アプリケーション
ズーム機能でお札やレジまではっきり見えます。

Use Case 3施設の混雑状況や人流把握など
映像解析AIを活用して効率化

Point公共施設の利用状況の把握や管理運営など
少人数でも効率的な運営が可能に

公共施設の利用状況を把握するため、オプションの「AI People Count」を活用。防犯だけでなく、どのぐらいの来場者があったかAIがカウントします。POSデータだけでは分からない、リアルな数字を計測可能です。

おすすめ
ソリューション
プロダクト
アプリケーション
  • Webセミナー

    Webセミナーを
    実施しています

    カメラの活用事例セミナーや個別相談も実施しています。

  • whitepaper-aboutsafie

    すぐわかる
    Safie

    これだけ読めばOK!クラウド録画サービスSafieのご紹介資料です。

  • 導入前のお問い合わせは
    こちら

    サービスやカメラ、設置のご質問がございましたら
    お気軽にお問合せください。

さらに便利なSafieのオプション・アプリケーション

YouTubeLive 連携
オプション機能

Safie対応カメラで撮影した映像をリアルタイムにYouTubeでLive配信

「YouTube LIVE連携」はSafieのカメラで撮影した映像を、YouTubeにてLIVE配信するオプションです。ハイビジョン画質のLIVE映像をYouTube LIVEで配信することができます。

YouTubeLive 連携

実際の使用例

YouTubeLive 連携

実際の使用例

「映像」は、時に社会の課題を解決することがあります。カメラを導入いただいている美浦村もその事例のひとつ。セーフィー対応カメラで氾濫しやすい河川をYouTubeライブで映像配信。
正確で、迅速な避難勧告のために活用しています。

AI People Count
アプリケーション

カメラ×AIで混雑状況をひと目で把握

Safie対応カメラで利用できるAI解析オプション。各時刻の混雑状況がひと目で把握できるので、スタッフ配置の最適化などにご活用いただけます。クラウド型なので簡単・手軽にご利用可能です。

AI People Countとは
AI People Count

Store People
Detection Pack
アプリケーション

録画データが無制限でダウンロード可能に!

こちらのオプションをご利用いただくと、映像の録画データを無制限にダウンロードすることができます。

Store People
Detection Packとは
Store People Detection Pack

ご利用いただいているお客様の声

Safie は17万台以上のカメラをご利用いただいているクラウド録画サービスです。
導入企業の皆様に、導入の背景やご利用方法をインタビューしました。

河川の氾濫をYouTubeライブで映像配信して監視
優れたコストパフォーマンスで地域住民の安全を最大化

導入カメラ:
1台(Safie GO)
img-jirei-27-mihomura-01
導入前
・季節性の豪雨により、河川の氾濫や床上浸水の被害がある地域
・豪雨の際、職員が川の様子を確認に出向いて、役場に伝えながら避難勧告を判断
・現場の職員の判断基準に左右されやすく、人を派遣するコストも課題
・別のセキュリティカメラを導入していたが、住民に映像を共有する術がなかった
導入後
・職員を派遣しなくても、職場にいながら複数のスタッフで川の様子を確認。

・映像と気象庁から届く情報などを加味しながら、避難勧告を出す判断が迅速に

・氾濫しやすい河川をYouTubeライブで映像配信。周辺住民の方も遠隔で河川の様子を確認可能

大正区のまちづくりを牽引する「タグボート大正」で
集客人数の計測から、河川の見守りまでSafieカメラをフルに活用

導入カメラ:
9台(Q-BiC CLOUD CC-2L、AXIS M2025-LE、AXIS M1065-L、AXIS M3057:ピープルカウント、AXIS M3045-V:ピープルカウント)
株式会社RETOWN
導入前
・近隣に年間約500万人訪れる京セラ大阪ドームがあるが、大正区に若い世代の受け皿となる飲食店が少ない
・POSデータで来店数を把握しようとしたが、レジ通過数なので、正確な人数が計測出来なかった
導入後
・施設入口とフードホールにカメラを設置し、「AI People Count」で人数をカウント

・そのデータを売上や客単価と照らし合わせ、戦略を立てるためのレポートとして活用

・河川の水位を監視し、災害時の浸水リスクを遠隔で状況確認

公共事業でのSafieご利用者様

 

ご利用いただいている公共事業企業様

  • あしがくぼ笑楽校
  • 茨城県稲敷郡美浦村
  • 品川区立武蔵小山創業支援センター
  • 東京児童協会

公共事業でSafieをもっと活用できる
資料ダウンロード

  • 「Safie Pocket2」「Safie GO」のご紹介

    whitepaper-pocket2

    「Safie Pocket2」「Safie GO」のご紹介

    ウェアラブルカメラ「Safie Pocket2」とLTE搭載 防犯カメラ「Safie GO」のご紹介資料です。

Safie社員によるウェビナー開催のお知らせ

定番の利用方法のみならず、時勢に応じた最新の活用事例などもお伝えします。また、セミナー後にオンラインで質問をお受けします。

 

クラウドカメラを最大限に活かすオンデマンドセミナー

公共事業でご活用いただけるクラウドカメラの使い方をオンデマンドで視聴いただけるセミナーで解説いたします。お好きなタイミングでご覧いただけます。

bg_dx

現場DX

映像データであらゆる産業の現場をDXする。

現場DXページへ
  • 導入前のお問い合わせはこちら

    導入前のお問い合わせはこちら

    サービスやカメラ、設置のご質問がございましたらお気軽にお問合せください。