失敗しない防犯カメラの選び方4ステップをプロが伝授!

プロが教える!失敗しない防犯カメラの選び方

防犯カメラを購入する場合、設置目的や設置場所に合ったカメラを選びたいですよね。とはいっても防犯カメラの種類は多く、搭載されている機能も豊富なことから、何を基準にカメラを選んだらいいのか、分からなくなってしまうことはないでしょうか。

そこで今回は基本的な防犯カメラの選び方4ステップと、店舗全景・出入口・屋外を撮影する場合の、おすすめの選び方をご紹介します。

Safie One

録画機器の購入・メンテナンス不要
インターネット経由でクラウド保存できるカメラ

防犯カメラ選びで失敗しないための注意点6つ

ここからは、防犯カメラ選びを失敗しないために、特に注意するポイントをお伝えします。

(1)録画時間に注意

防犯カメラを取り付ける一番の目的は、トラブルが発生したタイミングなどに確認したい情報を残すことです。
しかし、いざ録画を確認したときに、肝心な部分が消えてしまっていては元も子もありません。
そのため、最適な録画時間や保存期間を検討し、カメラが何時間まで録画できるかどうかは必ず把握するようにしましょう。

(2)屋外に取り付けるときはIP規格に注意

IP規格とは、国際電気標準化会議にて定められた日本工業規格でも採用されている、電子機器の防水・防塵の規格を指します。
IP00~IP68という表示で対応規格を示し、10の位が防塵、1の位が防水の指標です。
屋外に取り付ける防犯カメラの推奨はIP66以上です。
IP66を下回る場合は、雨や埃によって故障してしまう可能性があるため、屋外用の防犯カメラを購入するときは、IP規格を必ず確認しましょう。

(3)暗いところを撮影するときは搭載機能に注意

夜間や暗い場所を撮影したいときは、赤外線照射機能、もしくはWDR機能が搭載された防犯カメラを選びましょう。
窓のない室内や街灯のない屋外など、光の届かない真っ暗な環境を撮影する場合は、赤外線照射機能が付いている防犯カメラをおすすめします。

(4)防犯カメラの画角に注意

防犯カメラは一度固定すると、外すまでは画角の調整ができなくなります。防犯カメラを設置する際は、撮影範囲を必ず確認してから取り付けましょう。
PTZ機能が搭載された防犯カメラは、取り付けた後もレンズを遠隔操作することができます。
PTZ機能は、防犯カメラ1台で広いスペースを撮影したいときや、ズーム撮影したい場所があるときにおすすめです。

(5)逆光に注意

カメラレンズに日光が差す時間帯がある、蛍光灯の近くに防犯カメラを設置するなどの理由で、撮影中に逆光になってしまう場合があります。
そうなると画面が白飛びしてしまい、映像が役に立たなくなってしまいます。
そのような場所に設置する場合は、逆光補正機能があり明るいところと暗いところが混在する映像も鮮明に撮影できる、WDR機能が搭載された防犯カメラを導入しましょう。

(6)出入口に取り付けるときの注意

出入口は、出入りする人の顔を撮影するときに選ばれる設置位置です。
しかし、取り付ける位置を気を付けないと、後頭部ばかり撮影してしまう可能性があります。
顔をしっかりと撮影するには、出入口の扉にカメラレンズが遮られない場所に設置しましょう。

▼あわせて読みたい

基本的な防犯カメラの選び方4ステップ

まず初めに、基本的な防犯カメラの選び方をご説明します。

STEP1.設置場所を決める

  • 屋内
  • 屋外

ここは迷うことはないと思いますが、屋外の場合、IP規格を確認するようにしましょう。

雨に濡れる場合はIP66以上の防犯カメラが望ましいです。

STEP2.録画形式を決める

  • HDD
  • SSD
  • SDカード
  • クラウド録画

上記のいずれかをお好みで選択してください。
おすすめはクラウド録画です。レコーダーが不要なため初期費用を抑えることができ、PCやスマートフォンから遠隔で映像を確認することができる強みがあるためです。

▼あわせて読みたい

STEP3.接続方法を決める

それぞれのメリット・デメリットを書き出しますので、お好みの接続方法を選択してください。

無線接続(ワイヤレス接続)

メリット:設置が簡単ですぐに使える
デメリット:無線環境によっては映像録画が不安定となる

有線接続

メリット:無線が届かない範囲にも設置でき、録画が安定する。
デメリット:配線の手間がかかる

STEP4.必要な機能を決める

音声録音

必要な機能:マイク(音声入力)、音声取得機能

お客様とのやりとり、ご案内の内容に誤りや不足がないか確認できます。

スマホで遠隔から確認

必要な機能:クラウド録画(遠隔で確認できる機能)

専用モニター・レコーダーが不要になり、スマホやパソコンからいつでもどこでも映像が確認できます。

遠隔から撮影範囲を操作

必要な機能:PTZ機能

遠隔操作で上下左右の首振り・拡大縮小ができる機能です。

動く物や人を検知

必要な機能:動体検知機能人感センサー

物や人の動きがあった場合に検知して録画を残したり、通知機能と合わせた活用もできます。

夜間撮影

必要な機能:赤外線照射機能WDR機能

営業時間外や夜間、暗所の撮影をする場合に必要な機能です。

おすすめは遠隔からも映像を確認することができる、クラウド録画型カメラです。現場に赴かなくても映像を確認できるので、業務効率化に繋がります。

家庭用と業務用での用途の違い

家庭用

一戸建てや賃貸の玄関などに設置し、防犯対策として利用されます。別の用途では、ペットや赤ちゃん、高齢者などの見守りとして、自宅を不在にするときや別室にいるときに様子を確認できれば安心できるでしょう。

▼オンラインストアから購入で最短翌営業日発送

業務用

店舗での万引き防止など防犯対策はもちろん、お客さまとのトラブル対策にも利用されています。他にも製造現場、建設現場などでは不安全行動など安全管理の面での導入されます。

個人宅での利用と大きく異なるポイントとして、業務の効率化やDXなど防犯以外での目的とするケースがあります。遠隔臨店・遠隔臨場のように、現場と離れた場所から状況把握や管理業務を実施する企業さまも増えました。

まとめ

設置目的や設置場所など用途に合わせた防犯カメラを選ぶことで、費用対効果が高まります。
どのような目的、環境に防犯カメラを設置するのか、この記事をお読みになったあと、再度頭の中で整理してみましょう。

セーフィーでは用途に合う最適な防犯カメラの選び方について、無料で相談を受け付けております。
防犯カメラ導入に関して疑問をお持ちでしたら、お気軽にお問合せください。

セーフィー対応カメラ厳選6選
Safie対応 カメララインナップ紹介
クラウド録画サービスSafieをご利用いただける人気カメラ6種類をご紹介しています。