スーパーに防犯カメラを設置するメリットと注意点、実際の活用事例

スーパーでの防犯カメラ活用 メリットと注意点

スーパーでは商品が多く万引きが起きやすいほか、お客さま同士のトラブルも少なくありません。こうしたトラブルに備える意味で、スーパーは防犯カメラの必要性が高い場所だと言えますが、カメラを設置することには防犯以外にも様々なメリットがあります

この記事では、まずスーパーに防犯カメラを設置することの利点と設置に際しての注意点を解説し、スーパーで防犯カメラを活用している実際の事例を2つご紹介。事例で使用されているSafieの防犯カメラの特徴や、スーパーでの利用におすすめの2つのモデルの仕様と機能を詳しくお伝えします。

スーパーに防犯カメラを設置するメリット

まずは、スーパーに防犯カメラを設置することにどんなメリットがあるのかを解説します。最近主流となっているクラウド録画型のカメラを利用すれば、防犯以外にも様々な効果が得られるということがおわかりいただけるでしょう。

万引き対策

スーパーに防犯カメラを設置する理由として最も一般的なのが、万引き対策ではないでしょうか。防犯カメラを設置して「見られている」という意識を生むことで、万引きをしにくい環境が生まれるのです。出入り口など人の行き来が多い場所のほか、従業員の目が行き届きにくい売り場の商品棚などにもカメラを設置し、死角をできるだけなくすと効果的です。

防犯カメラを設置すれば、効率よく店全体の状況を把握できるようになるため、警備にかかる人件費を削減することにもつながります。

従業員の内引き対策・意識向上

スーパーでは、従業員や関係者による内引きが発生する場合もあります。こうした事態に備えて、レジの頭上やバックヤードに防犯カメラを設置すれば、従業員による不正や犯罪が起きていないかをチェックすることができます。

また、自分がカメラに映っていると従業員たちが認識することで、適度な緊張感が生まれるため、勤務態度やマナーの向上も期待できるでしょう。

トラブル対策

昨今は、スーパーの内部でお客さま同士の間や従業員とお客さまの間でトラブルが発生することも少なくありません。そうした場合に、防犯カメラに当事者たちの様子や音声が記録されていれば、公正な決定を下すうえで大いに役立ちます。当事者の間で言い分が食い違う場合、解決が難しく店側への負担となってしまいますが、防犯カメラで客観的な証拠を記録することで、迅速な解決が可能になります。

同様に、商品への異物混入などの犯罪行為を防ぐ効果も期待できるほか、店内で事故が起きてしまった時の経緯の記録としても役立ちます。

遠隔での店舗管理

防犯カメラは、事務所にいるマネージャーやバックヤードにいる従業員が店内の状況を把握する上でも、大きな効果を発揮します。たとえば、レジが混雑してきた場合に、防犯カメラをとおしてマネージャーがそれを把握できれば、迅速にレジ係を増員するなどして混雑緩和を図ることができます

ほかにも、特定の商品が短時間のうちに多数購入されたような場合、品薄になっている商品を防犯カメラで確認できれば、すぐに品出しの指示を出すことが可能でしょう。このようにして品切れを防ぐことは、機会損失を回避することにもつながるでしょう。

マーケティング

防犯カメラの映像からは、店内の混雑状況や来客傾向を把握することもできます。こうした情報を分析すれば、混雑状況に合わせて従業員の配置を変えたり、来客の多い時間帯にセールを行ったりと、状況に合ったオペレーションの改善施策やマーケティング施策を打ち出すことが可能になります。

このように、防犯カメラに記録される客観的な事実の一つ一つに丁寧に目を向けてマーケティング施策を立案していけば、売上アップも視野に入ってくるのではないでしょうか。

スーパーに防犯カメラを設置する際の注意点

このように、防犯にとどまらない様々な効果をもたらしてくれる防犯カメラですが、スーパーに導入する際には気を付けなければいけない点もあります。ここでは、法令にかかわる重要な点も含め、事前におさえておきたい注意点を解説します。

法令や自治体ガイドラインの遵守

防犯カメラを導入する場合に、必ず遵守すべき法令が個人情報保護法です。防犯カメラに記録された情報を含めて、本人が判別できる映像情報は個人情報にあたるとされているためです。

個人情報保護法では、カメラの利用目的を具体的に特定しそれを公表することなど、カメラの運用にかかる様々な義務が定められています。個人情報保護委員会が発行している「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」などを参照して、必要な措置をしっかりと確認してください

その他にも、自治体によっては防犯カメラに関する独自の条例やガイドラインが定められている場合があります。まずは、カメラを設置しようとしている場所を管轄する自治体にそうした取り決めがあるかどうかを確認し、その決まりに沿って必要な手続きを進めることが求められます

「防犯カメラ作動中」の掲示

前述のとおり、個人情報保護法では、カメラの利用目的を具体的に特定し、それを公表することが義務付けられています。ただし、スーパーに設置する場合、防犯カメラの利用目的は犯罪の防止であることが明らかなので、法律上は「防犯カメラ作動中」といった内容のステッカーや看板を設置する義務はありません。

とは言え、スーパーには多くのお客さまが来店するため、気付かないうちに自分が防犯カメラに映っていることを不快に感じる人もいるかもしれません。そうした場合にトラブルに発展することを避けるためにも、このような掲示を行って、防犯カメラの存在をはっきりと示しておくのが望ましいでしょう

プライバシー保護

防犯カメラによる撮影が原因でトラブルが起きて損害賠償を請求されるリスクを避けるためにも、プライバシー保護のための配慮は必須です。トイレなどプライバシーの侵害にあたりそうな場所へのカメラの設置を避けることはもちろん、そうした場所の内部が写り込むことのないように、撮影範囲にも留意する必要があるでしょう。

プライバシーに関しては、お客さまへの配慮だけでなく、従業員への配慮も欠かせません。店内かバックヤードかにかかわらず、防犯カメラを設置するとそこで働く従業員はどうしても映像に映ってしまいます。しっかりと理解を得て協力してもらうためにも、従業員には防犯カメラ設置について事前に丁寧な説明を実施しましょう。

死角をできるだけ無くしつつ威圧感を与えない工夫

スーパーの店内は広いため、防犯カメラはできるだけ死角ができないように設置することが望まれます。その反面、カメラの数が多すぎるとお客さまに威圧感を与えてしまうことが懸念されるため、広い範囲を撮影しつつ、できるだけカメラが目立たないように工夫して設置しましょう。

その点、コンパクトなドーム型の防犯カメラなら威圧感を与えにくいでしょう。また、上下左右への首振りとズームが行えるPTZカメラなら、1台で広い範囲を撮影することができるため、防犯カメラを導入する場合には積極的に検討してみてはいかがでしょうか。

スーパーでの防犯カメラ活用事例

それでは、防犯カメラは実際にスーパーでどのように役立てられているのでしょうか。ここでは、それぞれ全く異なる目的のために防犯カメラを活用しているスーパーの事例を、2つご紹介します。

株式会社サンプラザさま

南大阪を中心にスーパーマーケット「サンプラザ」を展開する株式会社サンプラザさま。消費者に選ばれるスーパーマーケットであり続けるための施策の1つとして、AIカメラを活用してレジオペレーションの改善とレジ前混雑の緩和に取り組まれています。

株式会社サンプラザさまは店舗での顧客体験の向上を重視しており、2年ほど前からレジ前混雑の緩和策を策定して実践してきたものの、実際は目の前のお客様の会計業務に気をとられ、緩和策が徹底されているとは言い難い状況だったそう。そこでAIカメラを導入したところ、滞留検知によって混雑の通知がなされることの効果を実感できただけでなく、混雑緩和策の課題の発見にもつながったといいます。

「映像をもとに現行の緩和策をブラッシュアップした上で、AIの混雑通知を生かしたスピーディーな対応の実践に臨んでいます。カメラが漏れなく検知・通知してくれるので、混雑を見逃さずにすんでいます。AIの通知と映像視聴の合わせ技で、対応が非常にスピーディーになりました。ほか、通知箇所の映像分析で、個別のスタッフへの具体的な指導も可能になりました。」

株式会社ベルクさま

埼玉を中心に食品スーパーマーケット「ベルク」を展開する株式会社ベルクさま。これまで、売り場での陳列や売れ行きの確認、バックヤードでのオペレーション確認などに防犯カメラ映像を活用し、売り上げ拡大や業務改善に取り組んでいましたが、店長や部門管理者が映像を見る時間を割けないという課題がありました。

そこで、AIを搭載した防犯カメラを活用し、従来の業務における課題の改善と新たなスタイルの創出を目的とした実証実験を行いました。具体的には、お弁当売り場を4分割してゾーン別に立ち入り人数をカウントすることで、お客さまの立ち寄りが一番多いエリアを明らかにし、人気商品などを適切に配置する場所を検討し、陳列に反映しました

「お弁当エリアをはじめ、今後の販売力向上につながるヒントが見えた一歩と捉えております。なかでも滞留率の変化など、映像とともにAI計測による具体的な数値を、これまで差異が生じていた各店舗へ提示し、店舗共通の視点が生まれることで、販売力の更なる向上につながると考えています。」

引用:セーフィー、ベルクと共同で「Safie One」を活用した実証実験を実施

スーパーや小売店で活躍するSafieの防犯カメラの特徴

上の2つの事例で使用されているのは、クラウド録画サービスでシェアNo.1の「Safie」が提供しているAIカメラ「Safie One」です。(※No.1:株式会社テクノ・システム・リサーチが調査した「2022年ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より。)

Safieのクラウドカメラの最大の特徴は、パソコンやスマートフォンを使ってリアルタイムでどこからでもカメラの映像を確認できること。

Safieのカメラなら、複数のカメラを一覧で表示したり、見たいカメラだけをソートして表示したりすることも可能なので、スーパーの店舗内外に多数のカメラを設置する場合でも、効率よく映像を確認することができます。ほかにも、過去の映像を振り返って必要な部分をムービークリップとして保存できる機能など、様々な便利機能が標準搭載されているため、幅広い用途でお役立ていただけます。

そんなSafieのカメラの特徴を一言で言えば、高画質かつ高セキュリティで、使いやすいこと。画質はテレビと同等のくっきりなめらかな映像で、細かな部分まで正確に把握することが可能です。セキュリティ面では、録画データはもちろん、ユーザーやカメラが利用する通信経路も暗号化されていて安心。さらに、視聴画面では直観的な操作が可能で、使いやすさに定評があります。

このように充実した機能を備えていながら、低価格で利用できる点もSafieの防犯カメラの特徴です。毎月のクラウド利用料金は7日間の録画プランだと1台1,320円(税込)と、大変手ごろに設定されています。最もよく利用されている30日間の録画プランでも、税込みわずか2,200円。設置が簡単な「Safie One」の場合、毎月のクラウド利用料金とは別にかかる初期費用は、41,800円の本体料金のみです。

スーパーでの利用におすすめの防犯カメラ2選

最後に、スーパーでの活用に適したSafieの防犯カメラを2種類ご紹介します。用途に合った防犯カメラ選びの参考にお役立てください。

Safie One

Safie One

Safie
Safie One

エッジAIを搭載。画像解析による業務効率化も叶えるカメラ

¥41,800 (税込)

外形φ76.5×92.5mm
重さ360g
防水性能なし
ネットワーク接続有線LAN、Wi-Fi
PoE給電対応
画角水平114° 垂直60°
ズームデジタルズーム 最大8倍
マイク(音声入力)あり
スピーカー(音声出力)あり
暗所撮影対応

「Safie One(セーフィーワン)」は、エッジAIを搭載した防犯カメラです。防犯用途を想定したAIモデルが実装されており、人だけを検知する「人検知」機能が標準搭載されています。スマホにも通知が届くので、夜間などで誰もいない時でも代わりに目を光らせてくれます。

さらに、オプションでアプリケーションを追加することで、解析した映像データを防犯やマーケティングに活用することが可能。アプリケーションは、「立ち入り検知」、「通過人数カウント」、「立ち入りカウント」という、店舗運営で役立つ3つの機能がパッケージ化されたもので、店舗の集客力や販売力の向上、そして業務効率の改善などに幅広くお役立ていただけます。

電源とインターネットにさえ接続すれば置くだけで使える、設置の簡単さも魅力です。

AXIS M5074 PTZ

AXIS M5074 PTZ

AXIS
M5074 PTZ

レンズの向きを操作できる光学5倍ズーム搭載の高性能カメラ

¥113,080 (税込)

外形Ø130 x 63 mm
重さ380 g
防水性能IP51
ネットワーク接続有線LAN
PoE給電対応
画角⽔平14°‒71° 垂直8°‒40°
ズーム光学ズーム 5倍
マイク(音声入力)あり
スピーカー(音声出力)なし
暗所撮影

「AXIS M5074 PTZ」は、手のひらサイズの筐体にPTZ(パン・チルト・ズーム)の遠隔操作機能を搭載した、屋内向けのドーム型リモートカメラです。±180°のパン、90°のチルト、および5倍の光学ズームで、500 m²のエリアを柔軟にカバーします。スーパーの広い店内を見守るのにうってつけのモデルと言えるでしょう。

PTZ機能によって広範囲の撮影と詳細ズームの両方が可能であることはもちろん、オートフォーカス機能が搭載されているため、ピントを被写体に自動的に合わせることができます。さらに、一定時間で撮影したいエリアを移動させる機能を利用すると、1台で複数箇所の撮影や状況確認をすることが可能。IP51保護等級に準拠しているため、埃や⽔滴にも耐性があります

終わりに

スーパーでは、万引きや店内でのトラブルを防止する目的にとどまらず、従業員の意識向上や店舗管理、マーケティングなど、多岐に渡る用途で防犯カメラが役立ちます
設置にあたっては、法令の遵守やプライバシー保護、さらには威圧感を与えない工夫など、注意が必要な点もありますが、この記事でご紹介した事例にも表れているとおり、クラウド型の防犯カメラは実に様々なメリットをもたらしてくれます。Safieのクラウド録画サービスについてもっと詳しく知りたい方は、こちらのページから詳しい機能やデモ画面をご覧いただけます。