建設現場の業務を効率化するには?「2024年問題」を乗り越えるために、今すぐ始められる方法を解説

長時間労働の常態化や人材不足など、建設現場の課題を包括した「2024年問題」を乗り越えるには、建設現場の業務効率化を進め、生産性を向上する取り組みが不可欠です。そのためには、何をすればよいのでしょうか。

この記事では、現在の建設現場における課題と、それを解決するために必要な業務効率化の進め方について解説します。

建設現場の課題と背景

業務効率化や生産性向上が不可欠と言われる建設業の現場では、次のような課題が発生しています。

建設業界の2024年問題

2019年より順次施行されている「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(通称:働き方改革関連法)。

この法律では、時間外労働の上限規制や、雇用形態に関わらない公正な待遇の確保が定められており、違反した場合には罰則(6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金)が科されるおそれがあります。

建設業界では、長時間労働の常態化が問題となっていますが、働き方改革関連法がすぐさま施行された場合、人手が足りず、納期に間に合わなくなる恐れがあります。そこで、影響の大きい建設業界に限っては、働き方改革関連法の適用が2024年まで猶予されることとなりました。

2024年が間近に迫り、建設業界でも働き方改革関連法に対応しなければなりません。これが「2024年問題」です。2024年を迎えるまでに、建設業界では業務効率化や生産性向上に取り組むことが必須となっています。

高齢化と人材不足に伴う技術継承問題

「3K(キツい、汚い、危険)」と言われる建設工事の現場は、長く人材不足が叫ばれてきました。少子高齢化の影響もあり、近年ますます人材不足が加速しています。

特に、現場監督ができる人材が足りていません。日本の建築水準は世界的に見てもトップクラスであり、現場監督として現場を管理するにはかなり高いスキルを要求されます。専門職であることからなり手が少なく、1人ひとりの生産性を上げることが急務となっています。

同時に、現場で即戦力となるようなミドル層の人材も不足しています。経験豊富なベテラン層も高齢化していることから、今後どのように技術を継承していくかが課題となっています。

建設現場の業務を効率化するメリット

さまざまな課題を抱える建設現場では、建設DXを推進して現場の業務を効率化する必要があります。建設現場の業務を効率化することで、次のようなメリットが得られます。

移動時間や待機時間が削減できる

遠隔臨場の実施イラスト

建設DXの1つに遠隔臨場が挙げられます。遠隔臨場は、発注者が建設現場に足を運ぶことなく、映像で現場の様子を確認することができるため、移動時間の削減につながります。また、現場側では発注者の到着を待つ必要もなくなり、作業員の待機時間を削減できます。このように、遠隔臨場は発注者・受注者双方の生産性を高めます

安全管理や災害発生時の確認がスムーズに

例えば、建設現場にクラウドカメラを設置すれば、危険な作業を撮影し、遠隔地からでもその様子を見守ることができます。また、映像の中で現場の立ち入り禁止区域に人が入ったらアラートを出すようにすれば、現場作業のヒヤリハットを減らすこともできるでしょう。

また、災害が発生した際には、カメラの映像を確認することで、遠隔地からでも現場の様子がリアルタイムに把握できます。

現場監督としての経験や発生頻度の少ない工事についての技能を継承できる

工期の長い建設現場では、現場監督として経験できる件数が限られます。また、建設工事には、工期のうち1度しか経験できないにもかかわらず、工事全体にかかわる重要な工程が多々あります。それを経験できるのは、その場で参加した人のみです。

建設DXの一環としてクラウドカメラを取り入れることで、ベテランの作業風景を動画に撮ってマニュアル化したり、現場の映像を遠隔地に送ってリアルタイムで共有することで、伝達の難しい作業や経験を後輩に残すことができます。

おすすめクラウド録画カメラ

建設現場の業務効率化の進め方

実際に業務効率化を進めるには、まず何から着手すべきでしょうか?様々ありますが、効果が大きいという点で「手戻りをなくすこと」に着目して始めるとよいでしょう。現場のデジタル化を進めることで手戻りを軽減し、業務効率化に結びつく例はたくさんあります。

たとえば、現場監督の経験が浅い場合、ちょっとした不安点やイレギュラーのたびに判断できる人を現場に呼び出すには気が引けます。一方で、もし間違ってしまった場合、手戻りにより、現場にも工期にも大きな負担となります。

そんなとき、電話1本を入れる気軽さで経験者にカメラの映像を共有して確認ができれば、わざわざ現場に来てもらう手間が省けます。手戻り防止の助けになるだけでなく、人材育成にも役立ちます。

また、養生が適切に行われているか、手順通りに足場が組めているかなど、現場が安全に運用されているかの確認も、カメラの映像を使って遠隔から行えます。

業務効率化する上での注意点

建設現場の業務を効率化するうえでは、次のようなポイントに注意しましょう。

ICTツール導入が上層部の「押しつけ」にならないようにする

例えば、上層部の決定でICTツールを導入しようとした場合、現場では「工数が増えるのではないか」「押しつけられている」といったネガティブな反応が出ることがあります。このようなケースを防ぐために、上層部からは現場の理解を得るメッセージを発信することが大切です。

ICTツールの導入は全員の作業効率を上げるためのものであることや、現場監督や発注者の負担を軽減するためであるといったポジティブな発信を心がけましょう。簡単な操作性や使用時に手間がかかりにくいツールの検討もおすすめです。

ワンタッチで使えるウェアラブルカメラはこちら

ICTツール利用のルールを平準化する

ICTツールを導入する際は、、仕様やルールを平準化することがポイントです。現場ごと、思い思いの方法でICTツールを活用していては、業務効率が落ちてしまいます。ICTツール活用の方法を定型化して、どの現場でも一律に取り組めるようにすることで、現場が業務効率化の効果を実感し、定着に結びつくでしょう。

建設現場の業務効率化|Safie活用事例

セーフィーのクラウドカメラ「Safie Pocket2(セーフィーポケットツー)」を活用して建設現場の業務効率化をした事例をご紹介します。

Safie Pocket2

遠隔臨場

ゼネコンの現場監督など受注者が現場でSafie Pocket2を身につけ、現地の映像を撮影。発注者が事務所などからPC、タブレット、スマホなどで映像を見ながら、段階確認」「材料確認」「立会を行います。

Safie Pocket2はヘルメットや胸ポケットなどに装着できるため、両手がふさがることなく安全に作業ができます。また、映像の確認者側も、カメラの映像を映すSafieViewer(セーフィービューワー)は使い勝手がよく、見たいときに、見たい箇所を再生することができます。

▼あわせて読みたい

若手支援

現場で何らかの問題が発生した場合、上長や先輩社員への共有を電話で行うと伝わりづらかったり、心理的ハードルが高く感じられたりすることがあります。

Safie Pocket2を使って現地の映像を共有することで、上長や先輩社員は視覚的に状況が確認できるため、適切なフォローが可能となります。

また、若手を集めた勉強会をする際にも、Safie Pocket2が有効です。上長や先輩社員が現場でSafie Pocket2を身につけて実際に作業をすることで、モニターを見ている若手社員は先輩がどういった観点や手順で業務を回しているか、追体験しながら学びを深められます。

遠隔での安全パトロール

安全パトロールはこれまで、担当者が現場に行って、現場監督や作業員と一緒に現場を歩いて安全性の確認をしていました。

Safie Pocket2を活用して安全パトロールを遠隔で行えば、現地にいる現場監督がカメラで映像を撮影して共有し、担当者は事務所にいながらにして状況を確認できます。複数人で行う安全パトロールを、現場にいるメンバーだけでなく、遠隔から誰でも参加することが可能となります。

担当者も、現場への移動時間がないため、1日数件の現場の安全パトロールが可能になるほか、全国どこの現場でも事務所から安全確認ができます。

作業の進捗確認

Safie Pocket2を活用して、現場監督とサブコン、現場所長と若手現場監督のあいだで、現在の作業の進捗状況を確認・報告することができます。報告を紙ベースで作成しようとすると、文章を作成して送信する手間などがありますが、現場の映像を共有して一緒に進捗確認をすることで、簡単に報告が完了します。

映像視聴イメージ

日勤と夜勤における業務引継

建設現場で日勤と夜勤のスタッフがいた場合、日勤のスタッフがSafie Pocket2で撮影した作業風景の録画を、夜勤のスタッフが見て、業務の引き継ぎができます。

建設現場の業務効率化を支援するセーフィーのクラウドカメラ

建設業界で働き方改革を進め、1人ひとりの生産性を向上させるためには、建設DXを推進するなどして業務を効率化する必要があります。

セーフィーのクラウドカメラSafie Pocket2は、現場と遠隔地を映像で結び、遠隔臨場や作業の進捗・安全確認、ベテラン社員による現場サポートなどを可能にします。

おすすめクラウド録画カメラ

業務効率化を図って2024年問題に備えたいと考えていらっしゃる担当者様は、ぜひセーフィーにお問合せください。

経験豊富なセーフィーの専任カスタマーサポートがご連絡をお待ちしております!

Safie Pocketパンフレット
「Safie Pocket」シリーズ紹介
ウェアラブルクラウドカメラでの遠隔業務をご検討中の方はお気軽にご相談ください。