国交省策定の”遠隔臨場”に適合したウェアラブルカメラ「Safie Pocket2」とは?活用事例も公開


国土交通省が本格運用に乗り出している、ウェアラブルカメラ等を用いて建設現場での監督・検査作業効率改善を図る「遠隔臨場」

情報収集をする中で、「遠隔臨場に使用するツールがいろいろあってよくわからない」「導入しても実際に活用できるか不安だ」と悩む担当者は多いのではないでしょうか。

本記事では、国交省策定の遠隔臨場に適合したセーフィーのウェアラブルカメラ「Safie Pocket2(セーフィーポケットツー)」の現場での有用性について、活用事例を交えてご紹介します。

そもそも遠隔臨場とは?

遠隔臨場とは、カメラ(ウエアラブルカメラ等)によって取得した映像及び音声を利用し、遠隔地からWeb会議システム等を介して「段階確認」「材料確認」「立会」を行うことを言います。

【関連記事】“遠隔臨場”とは?—ウェアラブルカメラで建設現場の働き方改革を|Safie Pocket2

遠隔臨場の流れは以下です。

  1. 受注者(現場技術員)は体に装着できる“ウェアラブルカメラ”等を携えて現場作業
  2. 発注者(監督員)はオフィスなどの遠隔地からカメラ映像を確認
  3. 発注者が直接立ち会わずとも「段階確認」「材料確認」「立会」が可能

遠隔臨場を行うメリット 

遠隔臨場を行うことで、発注者・受注者双方にはそれぞれ次のようなメリットがあります。

発注者側のメリット

発注者が現場に出向く必要がなくなり、移動時間や移動で生じるコストを削減できます。その分、より多くの臨場に立ち会うことができ、結果的に人材不足の解消にもつながります。

受注者側のメリット

発注者が現場を訪れることに伴う調整や、受け入れ準備に手間をかける必要がなくなります。

また、遠隔臨場の様子をそのまま動画として残せるのもメリットの1つです。蓄積した映像データは動画マニュアルとして若手社員へのナレッジ共有に活用できます。

ウェアラブルカメラで遠隔臨場を行う方法

遠隔臨場をする場合、はじめに発注者・受注者間で検査項目をすり合わせ、どのカメラで、どの検査を行うか紐付けをします。当日は、受注者が現場でカメラや通信機器を活用し、遠隔地にいる発注者に説明を行います。発注者はモニターを見ながら指示出しや確認をします。

ここからは、セーフィーのウェアラブルカメラ「Safie Pocket2(セーフィーポケットツー)」を使って遠隔臨場を実施する方法をご紹介します。

トランシーバー感覚で話せる/見える/録画するウェアラブルカメラ|Safie Pocket2

Safie Pocket2

「Safie Pocket2(セーフィー ポケット ツー)」は、リアルタイムで双方向通話ができる、クラウド常時録画型のウェアラブルカメラです。建設現場で活きる新しいクラウドカメラを目指し、仕様を特化。簡単な操作感ながら高機能を実現しています。

Safie Pocket2の実用的な機能の詳細や、具体的な導入方法となどはこちらをご覧ください。

実施の流れ(受注者側)

受注者側では、Safie Pocket2を身につけて、現場の様子を撮影しながら説明をします。

Safie Pocket2はアタッチメントによってさまざまな装着方法が可能です。ヘルメットやネックマウント、シャツの胸ポケットなど、作業内容や検査の対象によって最適な装着が可能です。

移動中はヘルメットやネックマウント、胸ポケットに装着し、検査の対象物に近づけたいときは手持ちに変えて撮影すると、よりわかりやすい映像を送ることができます。

Safie pocket2 アタッチメント活用シーン紹介動画

実施の流れ(発注者側)

発注者側ではSafie Viewer(セーフィービューアー)で現地の映像を確認します。Safie Viewerは専用のアプリなどのインストールは不要で、PCからインターネットにアクセスするだけで視聴可能です。

通話機能もあるので、受注者側が撮影した映像を手元の端末で確認しながら、遠隔地にいる受注者とそのまま会話ができます。

Safie Pocket2で遠隔臨場を行うメリット

メリット(受注者側)

ポイント1. 背面ディスプレイ付き

Safie Pocket2は背面にディスプレイが付いており、カメラで撮影している映像を確認することができます。

ポイント2. 人間の視野とほぼ同じ画角で撮影ができる

スマートフォンや一般的なウェアラブルカメラは画角が狭く、身につけて歩いているうちに意図しない方向を映してしまうことがあります。Safie Pocket2は画角が約120度と、人間の視界とほぼ同じ範囲を映すため、映したいシーンを逃しにくいのが特長です。

ポイント3. 長時間の使用が可能

バッテリー稼働時間が最大8時間あるため、長時間の使用にも向いています。遠隔臨場で作業の俯瞰風景を映す必要がある場合、三脚に置けば1日の作業を確認することもできます。

メリット(発注者側)

ポイント1. カメラにタグを設定できる

Safie Viewer上では、カメラごとにタグを設定可能です。当日遠隔臨場に使われるカメラに、「○○月○○日 15時〜17時の検査」と設定しておくと便利です。

ポイント2. 映像の振り返りが簡単

Safie Viewerの操作画面

リアルタイム視聴だけでなく、映像の振り返りも簡単にできます。タイムライン上で確認したい時間を左右にドラッグしていただくだけで、見たい時間の映像をすぐに再生できます。倍速再生機能もあるので、早送りしながら気になるところだけ確認することもできます。

ポイント3. 報告書作成の負担軽減

遠隔臨場が終わったあと、報告書を作成する際もSafie Viewerは役に立ちます。映像を振り返りながら、ムービークリップという機能で必要だと思ったシーンを切り出して保存することができるため、ダウンロードした動画を電子報告書に載せることもできます。

Safie Pocket2を活用した遠隔臨場の事例

受注者側

株式会社大林組 さま

スーパーゼネコンである大林組さまでは、全国の土木現場に80台以上のSafie Pocket2を導入し、遠隔臨場で活用いただいています。

工事関係者の胸ポケットやヘルメットにSafie Pocket2を装着し、現場での移動の様子や作業内容を撮影。最大16人までのグループ通話機能を活用し、クラウド経由で複数の場所にいる発注者とリアルタイムに映像を共有して遠隔臨場を行っています。

>>株式会社大林組さまの導入事例はこちら

若築建設株式会社 さま

東京に本社を置き、全国各地に支店を構え、約900人の従業員を抱える若築建設さまでは、100を超える現場をつねに担当しているため、現場を効率よくまわる状態にすることが課題でした。

そこで、東京本社の土木部を中心に、全国の支店で計30台以上のSafie Pocket2を導入。それまで月に1度は視察で現地を訪れていましたが、Safie Pocket2導入後は現地から映像を送ってもらうだけで済むようになりました。現場臨場と併用することで、より安心安全に作業進行を行っています。

>>若築建設株式会社さまの導入事例はこちら

発注者側

東日本高速道路株式会社 さま

少子高齢化に伴い労働生産人口が減少する中、東日本高速道路株式会社さまでは工事や工事管理などにかかる人員の不足が予想されていました。現場の受注者がSafie Pocket2を用いて現場の状況を動画撮影し、リアルタイムに送信、発注者である東日本高速道路株式会社さまは遠隔地から映像を確認し、施工現場の検査を実施。これにより、従来の6割ほど移動時間が削減され、工事管理業務の効率化が実現しました。

>>立会業務の移動時間を6割軽減!遠隔臨場を成果につなげるNEXCO東日本

Safie Pocket2を活用した遠隔臨場実施のステップ

Safie Pocket2は、リアルタイムで双方向通話ができる、クラウド常時録画型のウェアラブルカメラです。
建設現場で活きる新しいクラウドカメラを目指し、仕様を特化。簡単な操作感ながら高機能を実現しています。

電源を入れるだけで映像の撮影・録画・共有が可能なSafie Pocket2は、遠隔臨場を手軽に実現できるツールとして、導入企業様から評価をいただいています。

Safie pocket2を活用した遠隔臨場実施のステップをまとめた資料はこちらからダウンロード可能です。

遠隔臨場以外でも活躍するSafie Pocket2

若手社員の育成にウェアラブルカメラを活用

若手社員がウェアラブルカメラを装着し、現場で作業します。その様子は、現場事務所や本社・支店など、遠隔地にいるベテラン社員に共有されます。ベテラン社員らはウェアラブルカメラの映像を見て、リアルタイムでアドバイスや指示を送ります。これにより、若手社員の早期育成が期待できます。

技術継承にアーカイブした映像を活用

1年に数回しか行われないような、めったに発生しない作業・工事は、経験できるチャンスが限られます。そのため、その作業を経験した人にしか任せられず、属人化しがちでした。

Safie Pocket2で撮影した映像は、クラウド上に保管されます。保存された映像はムービークリップという機能で必要なシーンだけを切り出して保存しておくことができます。現場で発生する希少な作業を映像で残したり共有したりすることで、作業の標準化を図ることができます。

「遠隔臨場だけじゃない」用途が広がるSafie Pocket2

電源を入れるだけで映像の撮影・録画・共有が可能なSafie Pocket2は、遠隔臨場を手軽に実現できるツールとして、導入企業様から評価をいただいています。建設現場や工事現場で簡単に扱えるからこそ、用途は遠隔臨場だけにとどまりません。社員の育成や技術継承など、現場の働き方を変えていくSafie Pocket2。ご興味を持たれた企業様はぜひお問合せください。

経験豊富なセーフィーの専任カスタマーサポートがご連絡をお待ちしております!

Pick Up