AIカメラの人検知機能とは?活用シーンやおすすめのAIカメラもご紹介

AIカメラの人検知とは

AIカメラとは、AI(人工知能)によりカメラで撮った映像のデータを画像解析し、分析することができるカメラのことで、人検知機能の向上により、様々なシーンで活用できるようになりました。

例えば、AIの人検知技術である顔認証技術と動作検知を組み合わせることで、不審者を検知できるようになるなど、防犯カメラの防犯性能は従来よりも向上しています。

また、上記のような防犯としての目的だけではなく、AIの人検知技術を取り入れることで、小売業でのマーケティング強化や製造業・建設業での業務効率化など様々なシーンで活用できるツールとして多くの企業に導入されています。

本記事では、「AIカメラの人検知で何ができるのか」を詳しく説明すると同時に、実用例やおすすめのAIカメラなどを紹介します。

AIカメラと人検知機能

AIカメラとは、撮影した映像を人工知能(AI)で分析できる機能を持ったカメラです。

人検知の機能は、人の顔、動作、姿勢、行動などを検知し、データとして検出して映像解析が可能です。また、カメラの映像から人数をカウントしたり、映った人の行動を分析することもできます。

▼AIカメラの仕組みや特徴、選び方や活用シーンについてはこちらの記事をチェック!

人検知機能でできること

代表的な人検知機能を6つ解説します。

顔認識

顔認識とは、AIが目、鼻、口などの位置、顔の大きさなど人の顔の特徴を捉え、データと照合して人物特定ができる機能です。

顔認識は認証システムとして利用されることが多く、具体例としては、以下のようなシーンで活用されています。

  • セキュリティ管理
  • 企業の勤怠管理システム
  • 公共機関や商業施設のアクセス制御
  • 顔認証システムによる本人確認

姿勢検知

姿勢検知とは、人間の骨格などからデータを検出し、人間の姿勢を検知するシステムです。

通常と違った異常行動を検知できるので、不審者の検出といった防犯面での活用のほか、倒れている人を検知し救護の判断に役立てるといった応用もできます。

人数カウント

人数カウントとは、その名の通り、人数をカウントする機能です。

AIがカメラで撮影した映像をもとに映っている人数をカウントし、施設の来客数やエリアの混雑状況などをデータ化することが可能です。

行動パターン分析

行動パターン分析とは、AIカメラの画像認識技術を活かして、人の行動パターンをデータ化する技術です。業務改善やマーケティング活動などに応用できます。

また、行動パターンを分析することで、不審な行動を検出することもできるので、セキュリティ効果にも期待できます。

人検知機能でAIカメラを検討する際のポイント

人検知機能の性能によってAIカメラの導入を検討する際には、以下の3点を比較検討の対象とするとよいでしょう。

検知精度と反応速度

年々、AIカメラの検知精度は向上していますが、形状が似ているものやデータがないものについては、誤検知や検知漏れはどうしても発生します。

ただし、ディープラーニングはデータの検証と改善を繰り返すことで、精度を上げることができるので、検知精度は手持の学習データが多いほど高くなります。

検知精度と反応速度については、従来型のカメラよりもAIカメラの方が優れていますが、AIカメラ同士の製品比較をする場合には、エッジAIやクラウドAIなど、カメラごとのAI処理の仕組みを確認する必要があります。

▼エッジAIとクラウドAIの違いやメリット・デメリットについてはこちらの記事をチェック!

設定の柔軟性とカスタマイズオプション

AIカメラの活用シーンは様々ですが、導入する目的や場所によって設定を柔軟にカスタマイズできる製品の方が、使い勝手がよいでしょう。

AIカメラの標準機能は、製品によって違いがありますが、カスタマイズすることで、様々な用途に使用することができます。

例えば、人検知機能をカスタマイズすることで、店内の混雑状況や人数を自動的にカウントし、分析することで販売促進や業務効率化、勤怠管理などにも利用することができます。

他の機器やシステムとの連携

AIカメラと他の機器やシステムを連携させることで、業務の効率化やコスト削減を実現することができます。

例えば、クラウドサービスとAIカメラを連携させることで、スマホやパソコンからいつでもAIカメラの映像を確認することも可能です。

また、行動検知や姿勢検知により、不審な動作をしている人を検知した場合に、スマホなどの端末に通知するようなシステムを導入することで、犯罪を未然に防止することができるでしょう。

\視聴権限のシェアやスマホ通知など便利な機能付きSafieのAIカメラ/

AIカメラの人検知機能の実用例

人検知機能の向上により、従来のカメラの役割であった防犯性能については、もちろんのこと、顧客分析や販売促進など様々な場面で利用できるツールとなったAIカメラ。

ここでは、下記の通り、AIカメラの人検知機能の実用例を紹介します。

  • 安全保障とモニタリングシステムへの応用
  • 小売業界での顧客分析とサービス向上
  • スマートホームと家庭内セキュリティ

セキュリティ強化と防犯システムへの応用

通常の防犯カメラにおいては、対象物の撮影のみとなります。しかし、AIカメラの人検知技術を用いることで、より安全に運用することができます。

例えば、AIカメラの姿勢検知により、通常と異なる不審な動作をしている人物を検知することできます。また、立ち入り禁止エリアへの侵入者の検知などもできるので、早期に不審者を発見することもできるでしょう。

さらに、クラウドサービスとの連携によりアラート通知できるサービスもありますので、犯罪の未然防止に役立ちます。人検知機能の一つである顔認証も精度が向上しているので、部外者の入室制限も可能です。

このように、AIカメラを防犯システムへ応用することで、より強固な安全対策をすることができるでしょう。

小売業界での顧客分析とサービス向上

AIカメラを小売店に設置することで顧客分析とサービス向上に役立てることができます。

例えば、「様々な施策を行ったけれども、効果がわからない」という小売店の悩みに対しては、AIカメラを導入し、人数カウントの機能を利用することで、店舗を利用した人の人数をカウントし、データ化することができます。また、店舗立ち入りから商品を購入するまでの行動データを取得することで、レイアウトの設計にも役立ちます。

このように、AIカメラの人検知技術は、従来の防犯としての役割の他に、顧客分析や販売促進のためのデータ取得に役立つツールとなりました。

スマートホームと家庭内セキュリティ

スマートホームとは、家の中にある家電製品などをインターネットに接続して、ネットワーク経由で制御する仕組みのことです。

スマートホームにAIカメラを導入することで、下記のような効果に期待ができます。

  • 顔認証による入室管理
  • 異常検知とアラート通知
  • 室内の状況把握
  • 高齢者の事故を早期に検知

さらに、スマートフォンやセキュリティ会社と連携することで、家庭の安心、安全を守ることができます。

このように、AIカメラをスマートホームに導入することにより、より一層、セキュリティを強化することができるので次世代の住まいの仕組みとして注目されています。

人検知ができるセーフィーのAIカメラ

小売店などを経営されている方は、夜間の不在時などの防犯対策の課題を抱えている方も多いはずです。
従来の防犯カメラは、犯罪の抑止力や被害にあってからの犯人の特定には役立ちますが、人検知機能を搭載したAIカメラなら夜間の不在時もスタッフの代わりに目を光らせてくれます。

セーフィーのAIカメラには、実用的な人検知機能が搭載されています。特徴や機能について紹介します。

利用シーンを網羅した豊富なラインナップ

人検知技術の向上により、AIカメラは、従来のモニタリングをするカメラとしての役割だけではなく、小売店の顧客分析や顧客の動線を分析するなど、様々な場面で活用できるようになりました。

セーフィーのAIカメラは、屋外向け・屋内向けはもちろん、インターネット環境がなくても利用できるモデルも用意しています。

セーフィーのAI搭載カメラ

対応カメラ一覧について以下に一部抜粋しますので、参考にしてみてください。

モデル画像価格屋内/屋外販売/レンタル活用例
Safie OneエッジAI搭載防犯カメラSafie One¥41,800(税込)屋内用販売来店数やレジ混雑の把握に
i-PRO WV-S1536LUX(SF)i-PRO WV-S1536LUX(SF)お問い合わせください屋外用販売店前交通量の計測に
Safi GO PTZ AISafie GO PTZ AIお問い合わせください屋外用レンタル道路の交通量調査に

店舗設置に最適!屋内向けAIカメラ「Safie One(セーフィー ワン)」

ポンと置くだけ。簡単に設置できる「Safie One」は小売店を店舗利用におすすめの屋内向けAI機能付きクラウドカメラです。
オプションのLTEドッグと組み合わせることで、単体でクラウド接続が可能。インターネット環境のない場所でも使うことができます。

IP66対応!屋外向けAIカメラ「i-PRO WV-S1536LUX(SF)」

IP66およびIK10で厳しい環境にも設置可能。最長50mのIR LED照射と3.1倍の光学ズームで強い監視能力を発揮する屋外向けAI機能付きクラウドカメラです。
任意のエリア内の人物を検知できるので、侵入者通知や交通量計測など可能です。

LTE搭載!カメラのみで録画可能な屋外向けAIカメラ「Safie GO PTZ AI(セーフィー ゴー ピーティーゼット エーアイ)」

IP66防水防塵&LTEルーター内蔵、屋外でも電源をさすだけで使用できる屋外向けAI機能付きクラウドカメラ。ネットワーク回線の敷設が難しい建設現場や駐車場などに最適です。

AIオプション「AI-App」で”かしこくなる”カメラに

SafieのAIカメラは、オプションの「AI-App 人数カウント」を追加することで、「通過人数カウント」、「立ち入りカウント」、「立ち入り検知」といった人検知機能が利用可能。これらの機能を活用することにより、顧客分析や販売促進に役立てることができます。

立ち入り検知

立ち入り検知

設定した検知エリアをもとにエリア内の人の滞留を検知、PCやスマホに通知します。

通過人数カウント

通過人数カウント

検知ラインを設定しイン/アウトを検知、通過人数を計測しグラフ化します。

立ち入りカウント

立ち入りカウント

設定した検知エリアをもとにエリア内への人の立ち入りをカウント、集計してグラフ化します。

人検知可能なAIカメラでビジネスの課題解決を

実際に目で映像を確認するしかなかった防犯カメラと違い、人検知機能が搭載されたAIカメラでは、AIが自動的に映像を分析することで不審な行動を検知できるようになりました。

これにより、クラウドサービスと連携し、不審な行動を検知し、警備会社や関係者に通報することが可能になったことで、AIカメラを導入することで抑止力だけではなく、犯罪を未然に防ぐ効果に期待ができます。

このように、AIカメラは、防犯対策としての役割に加えてマーケティング分析として活用できます。ぜひ、ご検討ください。

クラウドカメラの活用方法にお悩みの方は、業界や目的別に使い方を紹介していますのでこちらからご覧ください。

AIカメラSafie One

かしこくなるAIカメラ「Safie One」。エッジAIを搭載し、計測・検知を行うことで映像解析をより便利にします。