AIカメラを活用した行動分析|なにができるの?効果は?

AIカメラで行動分析

人口知能(AI)と連携して、カメラで撮影した映像や画像を分析することができる「AIカメラ」が近年大きな注目を集めています。

AIの機能を利用することで、さまざまな場所での防犯カメラとしての役割だけでなく、「状況判断」やスタッフやお客様の「行動分析」などに活用できる場面が増えているためです。

実際にAIカメラを手軽に導入できるシステムやサービスも次々開発されており、昨今のAIの機能発展とともにより精度の高い分析が可能となっています。

「AIカメラ」と従来の「防犯カメラ」との違いは?

従来、防犯カメラは防犯などの目的で映像や画像を撮影し、データを保存するのみがその役割とされてきました。確認や分析が必要な際には、データを逐一確認する必要があったのです。

一方、AIカメラは、撮影された映像や画像がデータとして保存されるのはもちろん、カメラと連携したAIによって映像や画像をリアルタイムに分析することが可能となっています。

\併せて読みたい!/

AIカメラの基本的な機能

AIカメラの特徴を一言でいうと「撮影された映像や画像を自動的に分析できる」です。

具体的にどのような分析ができるのか、代表的な機能である「人検知」を例に説明します。

人物の認識

立ち入り検知のイメージ

カメラで撮影した映像の中の「人物」をAIが検出します。

この「人物認識」は、「エリア内に人が侵入」といった「いる/いない」程度のものから「どのように動いているか」や「誰なのか」といった詳細な分析ができるものまでさまざまです。

行動分析

撮影された人物の動きや姿勢、ポーズなどからどのような行動をしているのかを分析することができます。

「行動分析」は、「通路で立ち止まる」「棚から物を取る」「カゴに入れる」などの行動を「人物認識」と合わせることで、「誰がどのような行動をしたのか」をデータとして集積することが可能です。

\併せて読みたい!/

AIカメラの種類

AIカメラはカメラ自体にAIが搭載されているか、いないか、によって2つの種類に分けることができます。

AI機能がカメラ内に搭載されている「エッジAIカメラ」と、AIはサーバー上にあり撮影したデータをサーバーにアップロードしてから解析を行う「クラウドAIカメラ」です。

エッジAIカメラクラウドAIカメラ
リアルタイム性
データ転送量
データ処理能力限定的
データ処理容量限定的
レスポンス速い遅い
ネットワーク依存性
アップデートと拡張性制限あり
セキュリティ対策

「エッジAIカメラ」と「クラウドAIカメラ」の最大の違いは、AIによる画像解析などの処理をカメラ側で行うか、インターネット経由で映像や画像をアップロードしクラウド側で行うか、という点になります。

エッジAIカメラは、カメラ側に搭載されたAIが瞬時に画像を処理できるため、ほぼリアルタイムで分析結果を確認できる一方、処理できるデータ量はカメラ側の処理能力などの制限を受けてしまいます。

クラウドAIカメラは、撮影した映像をサーバーにアップロードした後にAIの画像分析を行うため、リアルタイム性という意味ではエッジAIより遅れる場合があります。しかし、サーバー側のリソースを使用できるため処理できるデータ量が多くなります。

\エッジAIとクラウドAIの違いを詳しく解説/

まさにいいとこ取り。店舗ビジネス向きのAIカメラも

Safie One

Safie
Safie One

エッジAIを搭載。画像解析による業務効率化も叶えるカメラ

¥41,800 (税込)

外形φ76.5×92.5mm
重さ360g
防水性能なし
ネットワーク接続有線LAN、Wi-Fi
PoE給電対応
画角水平114° 垂直60°
ズームデジタルズーム 最大8倍
マイク(音声入力)あり
スピーカー(音声出力)あり
暗所撮影対応

防犯やモニタリングを自動化できるという点で店舗ビジネス向きといえる「AIカメラ」ですが、自動化できるだけではなく映像をいつでも見返せる必要があります。さらに、より詳細な行動分析が必要な場合には、膨大な映像データの分析にも対応できる性能が求められるため、エッジ型のレスポンス性とクラウド型の処理量が求められます。

一見相反する2つの需要を解決するのが、セーフィーのAI機能付きクラウドカメラ「Safie One(セーフィー ワン)」です。撮影した映像をエッジAIで迅速に分析し、クラウド上に分析結果と映像を保存します。

\Safie Oneの機能が45秒でわかる動画/

AIカメラの行動分析

AIカメラは、従来のセキュリティや防犯の分野だけでなく、ビジネスの分野でも幅広く活用が期待されています。

ファネル分析のイメージ
AIカメラでファネル分析が可能に

セキュリティや防犯の分野では、カメラと連携して不審者の検知や犯罪の予防に役立つ一方、ビジネスの分野では、店舗や施設の運営管理や顧客分析に活用されています。

基本的な機能としてご説明したAIカメラの「人物の認識」や「行動分析」などについて、具体的にどのように活用されているのか、活用の一例をご紹介します。

AIカメラの活用例:人物の検出

AIカメラの人物認識機能は、映像に人物が映り込んでいるかどうか、つまり「対称エリア内の人物の有無」を検知することが可能です。

立入禁止エリア検知のイメージ

モニタリング業務において、カメラの映像をリアルタイムでチェックする場合、担当者が常にカメラの映像を見ている必要がありましたが、AIカメラはAIが人物の有無を検出するため、映像を常にチェックする人員が不要となります。

ナイトビジョン機能の比較

AIカメラ「Safie One」のような、ナイトビジョン機能を搭載しているカメラを使用すると、夜間のみでなく照明が少なく暗い空間であっても適切に映像を処理します。そのため、時間帯やカメラの設置環境を問わずに精度の高いモニリングが可能となります。

AIカメラの活用例:行動分析

AIカメラは映像を自動的に分析できるため、複数の人物の動きを同時に判別できます。

AIの性能による部分が大きいため製品によって処理できる情報量に違いはありますが、それでも人間が常にチェックし続けるより圧倒的に正確で素早い判断が可能になります。

レジ待ち検知のイメージ

例えば、店舗の混雑状況をチェックし「レジ前に行列ができた」など特定の状況を検知してアラートを出したり、どの商品棚に人が集まるのか、など人流の分析を素早く、正確に行うことができます。

立ち入りカウントのデータを利用した分析サンプル

例えば、特設コーナーやPOPの設置に関して、人の滞留率が変化した原因を特定するなど、効果の見える化できます。

小売店等でAIカメラを設置し、AIが行動分析を行うことで、「店内全体の来店数から、◯分後にレジが混雑する可能性がある」などの判断ができるだけでも、店内のスタッフにとっては「店内の様子を常に気にかけて早めに行動する」などの負担が減り、本来の自分の業務に集中できることになります。

\店舗ビジネスにAI活用「AI-App 人数カウント」の詳細はこちら/

AIカメラの恩恵を一番受けるのは店内のスタッフ

「AIは人間の仕事を奪う」などの声もありますが、「AIカメラ」の「行動分析」機能はむしろ「人間の仕事をサポートするためにある」と言えるかもしれません。

小売店や飲食店などで働くスタッフは1人で多くの業務を担っており、「店内を見回して、予測して動く」といったことが常にもとめられます。

しかし、「目の前の作業の手を止めて」「店内を観察し」「作業を止めてヘルプに動くべきかを判断する」という部分をAIに任せることができれば、そのスタッフは本来やるべき業務に集中することができます。

結果的に、作業時間の短縮やサービス品質の向上につながる訳です。

クラウドカメラの活用方法にお悩みの方は、業界や目的別に使い方を紹介していますのでこちらからご覧ください。

AIカメラSafie One

かしこくなるAIカメラ「Safie One」。エッジAIを搭載し、計測・検知を行うことで映像解析をより便利にします。