防犯カメラを使った飲食店のデータ活用!メリットや活用方法を紹介

飲食店のデータ活用 メリットや活用方法を紹介

飲食店は人手不足や在庫リスク、お客さまや従業員のトラブルなどさまざまな課題を抱えています。これらの課題解決をサポートする一つのツールが防犯カメラです。防犯カメラで撮影した映像データを活用することで、混雑状況などを把握し適切な人員配置が可能になるなど、コスト削減にも貢献します

この記事では飲食店で防犯カメラによるデータをどのようにして活用するのか解説します。防犯カメラから得られる映像データをどのようにして生かすのか、いかにして売上アップにつなげるのか知りたい方はぜひ参考にしてください。

営業担当
無料で相談・お見積り
ご不明な点やお悩みはありませんか?お気軽にお問い合わせください。業界・課題にあわせた活用方法、製品の詳しいご紹介をいたします。

飲食店で映像データ活用が重要な理由

飲食店において映像データ活用が重要な理由の1つが、映像データを確認することで事実に基づいた経営判断ができる点です。
飲食店だけでなく店舗運営において、経営者やスタッフの経験や勘に頼った店舗運営をしているケースは少なくありません。しかし、勘は感覚に近いため教育することが難しいものです。

また、近年ではコロナ禍がきっかけとなって市場や顧客行動にも変化が起こっており、飲食店にはニーズを踏まえた対応が求められます。経営方針を映像データに基づいて判断できるようになれば、顧客のニーズに寄り添ったサービスを提供できるようになるでしょう。

飲食店が抱える課題

飲食店の経営ではさまざまな課題に直面します。ここでは具体的にどのような課題があるのか解説します。

人手不足

代表的な課題の1つが、人手不足です。飲食店は労働集約型の産業であり、このような産業では人出不足に陥っているケースが少なくありません。

正社員を雇用することも簡単ではなく、アルバイトやパートタイムの従業員が多くなっています。また、人材の入れ替えも多いため、従業員の教育コストもかさんでしまいがちです。

在庫リスク

飲食店は料理の材料を事前に用意する必要があるため、在庫リスクはつきものです。

客数の予想が外れてしまい仕入れ過多になってしまうケース、消費期限切れとなり泣く泣く廃棄しなければならないケースなどがあるでしょう。このような課題を解決するためにもデータ活用は欠かせないものだといえます。

提供サービスの不均一

店舗や従業員によって調理スキルやサービスレベルに差異が生まれしまうケースがあります。

いろんな店舗を利用したり、同じ店舗リピートするお客さまはその変化に気付くこともあるため、サービス品質が低いタイミングで来店した場合、悪い印象を受ける可能性があります。

トラブル

飲酒を伴う飲食店の場合、酒に酔ったお客さま同士でトラブルになる恐れがあります。また、お客さまと従業員がトラブルになるケースもあるでしょう。

このようなケースにおいて、防犯カメラを設置していればトラブル発生時の様子や、音声も拾える防犯カメラだと当事者同士のやりとりも記録できるため、迅速な解決につなげられます。

映像データを活用することで得られるメリット

さまざまなデータ活用方法の中から防犯カメラの映像データを活用したメリットを解説します。防犯カメラの設置を検討している飲食店の経営者はぜひ参考にしてください。

人員配置の改善

店舗の混み具合に合わせたシフト管理や人員配置ができていないと、案内やお会計、料理の提供に時間がかかるなどサービスの低下につながる恐れがあります。

このようなときに混雑状況の映像データを活用することで、来客数が多くなりそうなときはシフト管理や人員配置を工夫するなど、効率よく業務を回せるようにすることができます。限られた人材のリソースをデータを活用することで人員配置の改善につなげ、人材不足をカバーできるでしょう

混雑状況の把握

防犯カメラを活用すればお店の混雑状況を把握することもできます。近年ではAI機能を搭載した防犯カメラも販売されており、それらを駆使すればリアルタイムで店内の混雑状況を表示してくれます。

混雑状況を把握できれば、利用客に対して待ち時間がどのくらいになりそうかといった情報も提供できます。たとえば、AIカメラを活用してレジの混雑具合を「このエリアに5人以上」と設定し、その条件でアラートを出すことで、従業員の応援を促してレジの混雑解消にも役立てることが可能です。

経験や勘に基づいた店舗運営からの脱却

飲食店の中には、経営者やベテランスタッフの経験や勘に基づいた店舗運営が行われているケースが少なくありません。

経験や勘がうまく機能するケースもありますが、これは属人的なものであり再現性がありません。店舗ごとの接客態度や調理、サービス提供など映像データという裏付けられた根拠に基づいた分析や判断ができれば、過去の成功事例を再現できるほか、事実を元にした納得感のある失敗の改善ができるでしょう。

飲食店を取り巻く環境は日々変化しているため、自店の今の状況を映像データを通して把握することが大切です。

提供サービスの均一化

たとえば、料理が提供されるデシャップに防犯カメラを設置して、盛り付けや配置に問題がないか確認し、店舗や従業員ごとの料理提供の品質管理をすることが可能です。

さらに模範となる店舗や従業員の動きを映像データとして、会社全体に共有したり、新入社員の研修の教材として使用することで、会社全体の提供サービスの均一化に取り組むことができます。

テキストによる共有とは異なり、映像だと一目瞭然なので解釈のズレも発生しにくいというメリットもあります。

さらに詳しい飲食における映像データの活用方法についてはこちらをご覧ください。

飲食店における防犯カメラを選ぶときのポイント

ここでは飲食店に導入する防犯カメラを選ぶ際のポイントを紹介します。
防犯カメラと一言でいってもその種類はさまざまで特徴も異なります。自社にあった防犯カメラを導入するためにもぜひ参考にしてください。

目的を明確にする

まずは防犯カメラを導入する目的を明確にする必要があります。防犯カメラと一言でいってもその種類や機能は多岐にわたります。目的を明確にするためには、自社の解決したい課題を把握することが大切です。

たとえば、人手不足解消やコスト削減といった課題を解決するために、来店客数のデータ収集を目的としてAI機能を搭載した防犯カメラを導入するといったものが考えられます。

また、本社から防犯カメラで遠隔臨店したい、防犯カメラの映像を見ながら会話をしたいといった目的であれば、音声入力機能を搭載したカメラを選ぶ必要があるでしょう。

設置場所を検討する

防犯カメラをどこに設置するのかを検討することも大切です。具体的には設置する目的を達成するためには、屋内に設置するのか、屋外に設置するのか、どこを撮影する必要があるのかといった点が挙げられます。もし、来店客数を確認したいのであれば、店舗の入り口付近に防犯カメラを設置することで人数を把握しやすくなるでしょう。

設置場所は導入目的とリンクするものであるため、目的を明確にしていないと設置場所も曖昧なものになってしまい、映像データもうまく活用できなくなるため注意してください。

撮影範囲を把握する

防犯カメラのスペックによって撮影できる範囲が変わってくるため、範囲を確認しておきましょう。撮影範囲の狭い防犯カメラを選んでしまったために、必要なデータを収集できず、せっかくの映像データを活用できないとなると本末転倒です。

たとえば、防犯カメラを店内に設置する場合は撮影範囲が比較的近距離のものを、駐車場など屋外に設置する場合は長距離のものを設置するといいでしょう。

また、撮影した動画の内容をチェックする際には人物を把握できるかどうかもポイントです。たとえば防犯目的で設置する場合、顔などもしっかりとわかるレベルで撮影するべきだといえます。そのため、レンズの角度調整や光量などを確認しておくことが大切です。

防犯カメラの仕様や機能を把握する

映像データ活用で分析を考えているなら、AIを搭載している防犯カメラかどうかも重要です。防犯カメラによって搭載されている機能が異なるため、購入やレンタルを検討している防犯カメラの機能や特徴を押さえておきましょう。

たとえば、画質はどのくらいなのか、防水性は備わっているのか、設置場所を取らないコンパクトな設計なのか、光が入り込んできてもうまく撮影できるのかなどです。

また、遠距離からでも確認や操作ができる防犯カメラであれば、より効率よく活用できるでしょう。

映像データ活用に役立つおすすめの防犯カメラ

ここでは、飲食店の映像データ活用に役立つおすすめの防犯カメラとして「Safie One(セーフィー ワン)」を紹介します。

Safie One

Safie
Safie One

エッジAIを搭載。画像解析による業務効率化も叶えるカメラ

¥41,800 (税込)

外形φ76.5×92.5mm
重さ360g
防水性能なし
ネットワーク接続有線LAN、Wi-Fi
PoE給電対応
画角水平114° 垂直60°
ズームデジタルズーム 最大8倍
マイク(音声入力)あり
スピーカー(音声出力)あり
暗所撮影対応

Safie Oneは、店舗運営や防犯面で活躍してくれるAIカメラで、多くの企業で導入されています。

例えば国内外に飲食店を展開する塚田農場では営業品質の向上に伴う顧客体験価値の最大化や売上拡大を目的としてSafie Oneを導入しています。Safie Oneは画質の高さに加えて、現場の音声の聞こえるため、離れた場所からでも店舗の様子を把握できる点が特徴です。そのため、マネージャーの生産性が向上し、店舗の実態に即したマネジメントができるようになりました。

塚田農場の詳しい事例はこちらをご覧ください。

終わりに

今回は飲食店で映像データ活用をする重要性や防犯カメラを用いたデータ活用などについて解説しました。
飲食店の経営は経験や勘に基づいて行われているケースが少なくありませんが、このような方法は再現性がないため、失敗する可能性もあります。防犯カメラによる映像データの活用ができれば、数値や事実に基づいた判断・経営ができるようになります

セーフィーは、防犯カメラの映像データを用いて店舗やオフィスの課題を解決する、映像ソリューションを提供している会社です。飲食店では防犯目的だけでなく、映像データの活用を目的とした防犯カメラの導入実績も多数あります。飲食店の防犯カメラ設置や活用方法についてお困りの方は、ぜひセーフィーまでご相談ください。

クラウドカメラの活用方法にお悩みの方は、業界や目的別に使い方を紹介していますのでこちらからご覧ください。

セーフィー対応カメラ厳選6選

オンラインでいつでもどこでも映像が見られるクラウドカメラ