置き型防犯カメラの活用事例を紹介!メリットやデメリットをまとめて解説

置き型防犯カメラの活用事例を紹介!メリットやデメリットをまとめて解説

設置の手軽さや最新の機能性により、家庭やビジネスの現場で置き型防犯カメラの利用が増えています。かんたんな設定で防犯カメラが導入できて、屋内のセキュリティ強化に役立ち、ビジネスシーンでさまざまな活用方法があります。この記事では、さまざまな防犯カメラの種類から置き型の基本的な特徴、メリット・デメリット、ビジネスでの活用事例について解説します。

映像が確認しやすいSafie Viewer
ぜひ使ってほしい無料機能!
映像の共有やさまざまな検知機能、
並び替えできるカメラ一覧をデモ映像とあわせてご紹介!

置き型防犯カメラとは

置き型防犯カメラは、その名のとおり机や棚などに設置できるコンパクトなカメラです。Wi-Fi環境と電源接続だけでどこでも設置でき、工事や配線などの特別な作業は必要ありません。ネジを使うだけで天井や壁に取り付けることもできます。屋内用のモデルが多いことから、家庭や店舗での安全対策や業務改善に広く利用されています。

置き型防犯カメラのメリット

置き型防犯カメラのメリットは「工事不要」「レイアウト変更の手軽さ」「見守りカメラとしての活用」の3点です。

工事不要

防犯カメラの設置に専門的な工事が必要ないため、初期コストをおさえて導入できます。置き場所を選ばないことから、居住空間やビジネス環境にあわせて柔軟に配置可能です。

レイアウトを変更しやすい

専門的な工事を必要としないため、設置場所を変える際にも手間がかかりません。ネジの固定もかんたんであるため、ドライバーだけでレイアウトを変更できます。精算レジや商品棚の位置を替えた場合でも、レイアウトにあわせて手軽に変更できるのが特徴です。

見守りカメラとして活用できる

Wi-Fi接続を利用したリアルタイムの映像確認や検知機能を搭載したモデルは、ペットや子どもの見守りカメラとして活用できます。スマートフォンへプッシュ通知を送ることもでき、共働き家庭の子どもの帰宅や不審者の侵入などをリアルタイムで知らせます。

置き型防犯カメラのデメリット

置き型防犯カメラはメリットばかりでなく、いくつかデメリットもあります。「盗難のリスク」「屋外用の機器が少ない」「セキュリティ性能」の3点については対策が必要です。

盗難のリスクがある

置き型防犯カメラは設置の手軽さが魅力ですが、取り外しも容易であることから防犯カメラごと盗まれるリスクは避けられません。そのため、本体内部のSDカードに映像データを記録するタイプの場合、不審者の映像までまとめて盗まれてしまう危険性があります。

屋外用の機種が少ない

置き型防犯カメラは屋内専用の設計になっていることがほとんどです。屋外で利用するには、防塵・防水性能の高い機種を選ぶ必要があります。置き型防犯カメラはこの性能が弱い機種も多く、大雨や強風などで故障する危険性があります。

基本的に屋内での利用にとどめ、屋外設置には屋外用の機種を導入しましょう。

高いセキュリティ性能が必要

置き型防犯カメラのネットワーク接続の手軽さは魅力的ですが、不正アクセスなどのトラブルに発展しやすい点に注意が必要です。一部の機種では不正アクセスに弱いモデルもあるほか、定期的にファームウェアを更新しなければリスクが放置されたままになります。

また、初期パスワードを変更していないユーザーは特に注意が必要です。初期パスワードは容易に推測できるため、独自のパスワードに必ず変更しなければなりません。自宅の安全を守るには、外部のアクセスを一切許可しない堅牢なセキュリティ性能のカメラが必要です。

デメリットの解消にはクラウド録画サービスがおすすめ

「盗難のリスク」「セキュリティ性能」のデメリットはSaifeのクラウド録画サービスで解決できます。

盗難や不正アクセスのリスクに備えるには、「不審者が手の届かない高さへカメラを設置」「VPN接続で通信データのトンネリング・暗号化」などが考えられます。ただし、用意周到な犯罪者はそれでも防犯カメラの盗難や不正アクセスを試みるかもしれません。

Saifeのクラウド録画サービスの映像データは、ISMS認証を受けた高セキュリティのデータセンターで保護されています。万が一、犯罪者に防犯カメラが盗まれた場合でも、犯行直前までの映像データがクラウド上に記録されています。

また、Saifeのクラウド録画サービスは、第三者がカメラに直接アクセスできない仕組みを採用しています。仮に犯罪者が自宅のWi-FIルータに不正アクセスした場合でも、カメラへのアクセスは遮断されているため、安心して利用することができます。

屋外利用の問題は置き型防犯カメラでは解決できませんが、Safieでは屋外用防犯カメラのラインナップもそろっておりますので、設置環境にあわせてカメラを選ぶことができます。

クラウド置き型カメラの導入事例

Safieのクラウド録画サービスを用いた置き型防犯カメラの導入事例について解説します。クラウド録画サービスの導入によりビジネスでの活用シーンが広がります。

【無人店舗】盗難を検知し犯人逮捕に貢献

24時間無人営業の古着専門店「#古着de行こか。(フルギデイコカ)」では、セキュリティ強化のために置き型防犯カメラを店舗の柱などに設置しました。

防犯カメラを導入した結果、映像に万引き犯の顔までしっかりと記録できており、被害届の証拠資料として活用しています。また、スマホで確認したライブ映像から万引き犯が再度来店したことを確認し現行犯逮捕に貢献。被害の拡大を防ぐことができました。

【スーパーマーケット】映像分析を用いてレジ前の混雑を自動検知

大阪府のスーパーマーケット「サンプラザ」では、レジオペレーションの改善による接客レベル向上の施策としてSafieのAIカメラを活用しています。

レジ前の混雑状況をAIが自動検知することにより、店員は各作業に集中でき、混雑時には即座に応援に駆けつける業務改善につながっています。

【物流】WMSと置き型カメラの連携で検品業務を効率化

流通加工サービス・物流センター・倉庫運営などを一括で請け負う3PLを提供する「佐川グローバルロジスティクス株式会社」では、S-WMS(倉庫管理システム)を置き型防犯カメラに連携することで業務効率を向上させています。

オンプレミス型の防犯カメラに比べて、インシデントの映像が見つけやすく、検品作業のエビデンスを映像記録として保存できるようになりました。時には荷主に映像を確認してもらうことで作業状況を正しく伝えられるようになり、サービスの向上につながっています。

安心・かんたん・高画質の置き型防犯カメラ「Safie One」

Safie One

Safie
Safie One

エッジAIを搭載。画像解析による業務効率化も叶えるカメラ

¥41,800 (税込)

外形φ76.5×92.5mm
重さ360g
防水性能なし
ネットワーク接続有線LAN、Wi-Fi
PoE給電対応
画角水平114° 垂直60°
ズームデジタルズーム 最大8倍
マイク(音声入力)あり
スピーカー(音声出力)あり
暗所撮影対応

置き型防犯カメラのなかでもオススメの機種を紹介します。Safie Oneはクラウド録画サービスを用いた置き型防犯カメラであり、自宅や店舗への導入に適したさまざまな特徴があります。

カメラにアクセスさせない高セキュリティ

Safieの防犯カメラは第三者が直接カメラにアクセスできない安全性の高い置き型ネットワークカメラです。記録した映像データもISMS認証を受けたセキュリティ性の高いデータセンター内で保護されています。

不正アクセスが心配なご家庭でも見守りカメラとして安心して利用できるサービスです。

かんたん設置でいつでもどこでも視聴可能

Safie Oneは、電源接続して設定を完了するだけで使えるワイヤレスカメラです。ネジだけで壁や天井などにかんたんに取り付けることもできます。外出先からでもスマホやパソコンでいつでもどこでもリアルタイムの映像を確認することが可能です。

夜間や逆光でも記録できる高画質カメラ

置き型防犯カメラのなかでもオススメの機種を紹介します。Safie Oneはクラウド録画サービスを用いた置き型防犯カメラであり、自宅や店舗に導入しやすいさまざまな特徴があります。

置き型防犯カメラは設置がかんたんで高性能なSafieがおすすめ

置き型防犯カメラは、おおがかりな設置工事が不要で手軽に導入できる反面、盗難やセキュリティのリスクがあるので、慎重に選ぶ必要があります。

Safieのクラウド録画サービスであれば、初期設定や設置がかんたんなだけでなく、スマホやパソコンでいつでも視聴可能。ISMS認証を受けた高セキュリティー環境で録画データを保護しているので安心・安全に利用できます。

導入をご検討の方は、ぜひお問い合わせください。

AIカメラSafie One
かしこくなるAIカメラ「Safie One」
エッジAIを搭載し、計測・検知を行うことで映像解析をより便利にします。