AIを活用した映像分析とは?仕組みやメリット、活用事例を解説

AIで映像分析  メリット・活用事例

近年、映像分析の重要性が高まっています。AIやビッグデータの発展による映像分析技術の進歩により、スマートファクトリーやスマートストアの実現に向けて映像分析の技術は欠かせません。

この記事では、AIを活用した映像分析や画像解析のメリット、実際の活用事例まで詳しく解説します。企業のDX化や効率化に向けてぜひ参考にしてください。

映像分析とは?

ここでは、映像分析の定義と概要、そしてAIを用いた映像分析の仕組みについて解説します。

映像分析の定義と概要

映像分析とは、カメラで撮影した映像から有用な情報を抽出し、分析することを意味します。AIや機械学習の技術を用いることで、動画解析や画像解析が行えるようになりました。人間の目では捉えきれない情報も自動で検知できるようになり、さまざまな業務の効率化や課題解決が可能になります。

動画解析

映像分析のうちの「動画解析」とは、映像から連続的にフレームを抽出し、それらを分析することで、物体の動きや変化を捉えます。たとえば、防犯カメラの映像から不審な行動を検知したり、スポーツの動作分析に活用できます。

画像解析

映像分析のうちの「画像解析」とは、静止画像から特徴を抽出し、人物やバーコードの識別、分類などを行います。たとえば、製造業での製品の品質管理、小売業での商品の陳列分析などに活用できます。

AIを用いた映像分析の仕組み

AIを用いた映像分析では、機械学習やディープラーニングの手法を活用します。大量のデータからパターンを学習することで、物体検出や行動認識などを高い精度で行えるようになります。人の目では見逃しやすい変化も自動で検知できるようになり、品質や業務効率の向上が期待できます。

AIを用いた映像分析のメリット

AIを活用した映像分析には、「自動化」「リアルタイム性」「高精度化・高速化」など、さまざまなメリットがあります。業務の効率化や品質の向上、コスト削減などに寄与します。

自動化

AIを用いた映像分析では、設備や建物の監視業務や品質検査のプロセスを自動化できます。たとえば、小売店での来店者数のカウント、製造業での欠陥の発見など、人手がかかる作業を大幅に削減でき、業務の効率化を図れます。また、ヒューマンエラーを防ぐ効果も期待可能です。

リアルタイム性

エッジAIによる映像分析では、リアルタイムで処理できるため、即時に状況を把握し、適切な対応をとることが可能です。たとえば、他のシステムと連携させることで、製造ラインで異常を発見した場合の即時自動停止のように特定の条件を満たした際に検知して通知するなど、事故を未然に防ぐための処理を素早く行えます。

高精度化・高速化

ディープラーニングなどの技術を活用することで、映像分析の精度が大幅に向上しています。GPUや専用チップの搭載により処理速度も高速化しています。たとえば、製造ラインの高速な品質検査自動運転でのイレギュラーな情報の大量解析など、人の目では判別できない情報量と高速な映像を分析することが可能です。

スポーツ分野においては、サッカーのワールドカップで話題になった「三苫の1mm」に代表されるタッチライン際のボールの位置やオフサイド判定などのように、審判の目で判別できないプレーの判定に利用されるレベルまで精度が向上しています。

映像分析の活用事例

映像分析は、小売店・飲食業界、製造業、交通・物流業界、医療・看護業界、スポーツ業界など、さまざまな業界で活用されています。

小売店・飲食業界

商品陳列の最適化や滞留時間の計測など、店舗レイアウトや商品ラインナップに映像分析が活用できます。そのほかに、映像を用いた万引き防止の戦略、来店客の属性や行動分析などのマーケティングに活用する方法もあります。

小売業におけるAIを活用した映像分析を活用した購買率改善の分析の事例はこちらをご覧ください。

製造業

製造ラインの動作分析や異常検知に映像分析が活用されています。製造工程をカメラで撮影し、AIで分析することで、作業のムダやボトルネックを発見できます。また、品質検査に導入することで、不良品を早期に発見して品質向上を図ることが可能です。

交通・物流業界

交通量や混雑状況のリアルタイム把握に映像分析が活用されています。道路や駅、空港などにカメラを設置し、AIで分析することで、渋滞や事故、危険運転などを検知することも可能です。交通管理の効率化や安全性の向上に寄与します。

また、物流倉庫では、バーコードによる管理、倉庫の空き状況の把握などに映像分析が活用され、倉庫内の作業を効率化する物流のDX化に寄与します。

倉庫でのにおけるAIを活用した映像分析の活用について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

医療・看護業界

手術支援や診断補助に映像分析が活用されています。映像を用いた術式の標準化やトレーニングの動画解析、CTやMRIなどの画像解析にもAIが活用されています。また、介護施設では、入居者の見守りや姿勢検知に映像分析が活用されています。入居者の転倒や徘徊を早期に検知することで、事故防止につなげることが期待されます。

スポーツ業界

選手の動作分析に映像分析が活用されています。野球の場合、ピッチングやバッティングを映像で記録し、フォームの改善点を発見することが可能です。また、試合映像を解析し、チームのフォーメーションや弱点などのスカウティングに活用できます。

そのほか

スマートシティの実現、インフラ点検の自動化、農作業のモニタリングなど、映像分析の活用はとても幅広い業界で利用されています。たとえば、スマートシティの実現では、公共空間の犯罪検挙、人や車の混雑状況の把握と緩和などが期待できます。そのほかにも、橋梁やトンネルなど、人の目では確認が難しい建造物の劣化や損傷の早期発見、スマート農業では衛生の映像をAIが解析し、農作物の生育状況のモニタリングやピンポイント農薬散布などの実証実験が始まっています。

映像分析はこれからどうなる?

AIによる映像分析技術は、エッジコンピューティングや通信回線の高速化、クラウドコンピューティングの大容量化などにより、正確かつ高速な処理が実現されます。スマート農業に代表されるように、人工衛星画像を用いた技術も今後は進化していくことでしょう。

その一方で、注意しなければならない点もあります。個人のプライバシーや倫理観の配慮は課題となる点です。たとえば、被写体の顔を識別することで、個人の行動を街全体で監視してマーケティングに活用するといったことは避けなければなりません。

そのため、技術的には可能であるが、個人情報になり得るデータはあえて取得しない、といった割り切った選択肢を求められる可能性もあります。個人情報の取り扱いについては、今後さらに厳しくなる可能性もあるため、映像分析でできることと映像分析でリスクになることの両輪で考える必要があります。

個人情報保護法に準拠・プライバシーに配慮したカメラ画像の取扱についてはこちらをご覧ください。

映像分析におすすめのAIカメラ

クラウド録画サービスSafie(セーフィー)では、撮影した映像をもとに画像解析で業務課題まで解決していくAIカメラを、屋内用向けと屋外向けにご用意しています。

AIオプションの「AI-App 人数カウント」追加することで、人の滞留を検知しPCやスマホに通知する「立ち入り検知」や、立ち入りを検知し人数を自動で集計する「立ち入りカウント」の機能が使用可能です。特定エリアの滞留率を可視化することで、さまざまな課題解決に役立ちます。

ここでは「AI-App 人数カウント」が利用できるおすすめのカメラをご紹介します。

手軽に設置できる屋内向けエッジAIカメラ「Safie One」

Safie One

Safie
Safie One

エッジAIを搭載。画像解析による業務効率化も叶えるカメラ

¥41,800 (税込)

外形φ76.5×92.5mm
重さ360g
防水性能なし
ネットワーク接続有線LAN、Wi-Fi
PoE給電対応
画角水平114° 垂直60°
ズームデジタルズーム 最大8倍
マイク(音声入力)あり
スピーカー(音声出力)あり
暗所撮影対応

「Safie One」は、電源接続と初期設定だけでかんたんにスマートフォンと連携できるネットワークカメラです。コンパクトな見た目でありながらAI機能も活用でき、来店者数のカウントやレジ前の滞留検知などビジネスにも役立つ機能を搭載しています。

PTZ機能を搭載した屋外向けエッジAIカメラ「Safie Go PTZ AI」

Safie GO PTZ AI

Safie GO PTZ AI

エッジAI搭載で高度な人物検出が可能です。PTZ操作によるピンポイント撮影や、GPSによるカメラ設置位置の確認にも対応しています。

料金はお問い合わせください

PTZ(パン・チルト・ズーム)機能を持ち、広範囲の撮影や特定のエリアのズームなどが可能です。

屋外向けのエッジAIカメラ「i-PRO WV-S1536LUX(SF)」

i-PRO WV-S1536LUX(SF)

i-PRO
WV-S1536LUX(SF)

エッジAI搭載で映像内の人物を検知しエリア侵入通知や人数カウントが可能

お問い合わせください

IP66かつIK10の防水防塵性能と耐衝撃性を備えた屋外用ガン型防犯カメラです。夜間撮影にも対応しているだけでなく、電動バリフォーカルレンズを搭載しており、防犯カメラ設置後の画角変更もかんたんに可能です。

まとめ

この記事では、AIを活用した映像分析について解説しました。映像分析は、防犯カメラやスマートフォン、衛星画像などで撮影された映像から、物体や人物、行動や姿勢などを認識、分析する技術です。

スマートファクトリーやスマートストアなど、さまざまな業界で活用されています。映像分析を導入することで、業務の効率化や品質向上などの効果が期待できます。

セーフィーでは、AIカメラやウェアラブルカメラを用いた映像ソリューションを提供しています。スマートファクトリーやスマートストアの実現を検討されている方は、ぜひ一度セーフィーまでご相談ください。

AIカメラについても多数の導入実績がありますので、設置環境に応じた最適な映像解析を提案させていただきます。

AIカメラSafie One
かしこくなるAIカメラ「Safie One」
エッジAIを搭載し、計測・検知を行うことで映像解析をより便利にします。