店舗分析の3つの方法を解説!課題解決までの流れも紹介

店舗分析 3つの方法を解説

店舗の売上や顧客数の増加を目指す場合、店舗分析はぜひ取り入れたい手法です。店舗の販売実績や客単価などを洗い出し、分析することで最適な店舗運営を実現できます。しかし、店舗分析にはさまざまな方法があり、具体的にどのように分析を進めるべきか迷っている方もいることでしょう。

この記事では、店舗分析の3つの方法について詳しく解説します。課題解決までの具体的な流れも紹介するので、店舗を運営する際の参考にしてください。

店舗分析の方法は大きく3つに分けられる

店舗分析とは、店舗の販売実績や購買率・客単価・来店頻度などを洗い出し、売上や収益につながる要因を特定する作業です。分析を通して顧客の価値観や消費行動を理解することで、店舗のターゲット層を明確にし、今後のマーケティングに活かすことができます。

店舗分析の方法は「顧客・競合・自社」の3つが基本です。これらの分析方法はそれぞれの頭文字を取って「3C分析」と呼ばれることもあります。それぞれの分析方法をよく理解し、適切なデータを得られれば、店舗が抱えている課題の解決につながるでしょう。

ここからは、それぞれの分析方法の特徴や、どのようなデータを得られるのかについて詳しく解説します。

顧客分析

顧客分析は、顧客の来店頻度や購買行動などの情報をもとに、顧客ニーズを把握することを目的とした分析です。顧客ニーズの把握によって店舗のターゲット層が明確になるため、ターゲット層の顧客ニーズを満たせるような商品・サービスを主軸にすれば、売上や利益の向上につながるでしょう。

顧客分析には、「アソシエーション分析」や「クロス分析」などのさまざまな分析手法があります。アソシエーション分析は、商品同士の関連性を把握して顧客の購買傾向を明確化する手法です。クロス分析は、2つ以上の項目を掛け合わせて分析し、単体ではわかりにくい傾向を明らかにする分析手法を指します。

マーケティング戦略を立てやすくなるため、店舗分析は基本的に顧客分析から行いましょう。

競合分析

競合分析は、競合店舗の顧客属性や取り扱っている商品などの情報を把握し、マーケティングに活かすことを目的とした分析です。競合店舗について深く理解することで、自店舗の強みや課題点が明確になります。

競合店舗の情報は、インターネット上に公開されている範囲だけでは分析材料として不足しているため、実地調査を行うのが基本です。競合店舗の顧客の人数や属性、商品の品ぞろえなどを自店舗と比較すれば、売上向上の施策を打ち出すうえで有用な分析結果を得られるでしょう。

自社分析

自社分析は、自社(自店舗)の強みや弱み、問題点などを把握することを目的とした分析です。これらを把握し弱みや問題点を改善できれば、自社のさらなる成長や競合優位性の獲得につながります。

自社分析を行う際は、客観的視点を持つようにしましょう。主観的な感情や願望に固執せず、客観的な視点で自社の現状を評価することで、適切な戦略の立案や問題点の特定が可能になります。問題点の把握が難しい場合は、調査会社やコンサルタントに分析を委託するのも手段の一つです。

店舗分析の手順3ステップ

店舗分析は基本的に以下の流れで行っていきます。

  1. 目的を明確化し仮説を立てる
  2. データを収集し分析する
  3. 課題や改善点を明確化する

ステップごとの詳細について、詳しく見ていきましょう。

1.目的を明確化し仮説を立てる

まずはなぜ店舗分析を行うのかを明確にしましょう。「顧客単価を上げたい」「顧客ニーズを知りたい」など目的を明確化することで、目的達成に向けて仮説を立てやすくなります。具体的な仮説を立てられれば、どのようなデータを収集・分析するべきかがわかりやすくなるため、分析を効率よく進めることが可能です。

仮説を立てた後は、分析方法を選択しましょう。分析方法によって必要なデータが異なるため、収集・分析を行う前に必ず決めておく必要があります。店舗が持っているデータや業種などを踏まえながら、適切な分析方法を選択してください。

2.データを収集し分析する

分析方法を選択したら、その分析方法に必要なデータを収集します。分析の精度はデータ量に依存する場合が多いため、「データ不足で良い分析結果が得られなかった」といったことにならないよう、普段からこまめにデータを収集しておきましょう。

十分なデータが集まったら、仮説をもとにデータを分析していきます。分析する際は客観的な視点を持つようにしてください。主観的な感情を取り払うことで、精度の高い分析が可能になります。

3.課題や改善点を明確化する

店舗分析は分析をして終わりではなく、分析結果から課題や改善点を見つけ出すことが大切です。課題や改善点を明確化したうえで、それらを実際のマーケティング施策に取り入れていきましょう。

なお、施策が必ずしも効果を発揮するとは限りません。施策実行後、新たな課題が見つかることもあるでしょう。そのため、施策実行後は定期的な振り返りを行い、仮説や施策が適切だったかを見直しましょう。施策の計画・実行・改善を繰り返すことで、業務の継続的な改善を実現できます。

店舗の顧客分析にはAIカメラがおすすめ

今回紹介した3つの方法のうち、顧客分析は顧客のニーズや行動特性を把握しやすく、マーケティングには欠かせない存在です。顧客分析で効率的にさまざまなデータを得たい場合は、AIカメラを導入することで、簡単に正確なデータを取得することが可能です。

ここでは、おすすめのAIカメラを詳しく紹介します。

顧客分析に最適なAIカメラ「Safie One」

Safie One

Safie
Safie One

エッジAIを搭載。画像解析による業務効率化も叶えるカメラ

¥41,800 (税込)

外形φ76.5×92.5mm
重さ360g
防水性能なし
ネットワーク接続有線LAN、Wi-Fi
PoE給電対応
画角水平114° 垂直60°
ズームデジタルズーム 最大8倍
マイク(音声入力)あり
スピーカー(音声出力)あり
暗所撮影対応

「Safie One(セーフィー ワン)」は、コンパクトかつデザイン性に優れたAIカメラです。工事不要で場所を選ばず簡単に設置できます。ライティングレールや三脚などさまざまなアダプターを利用可能です。

Safie OneにはエッジAIが搭載されており、店舗運営に役立つ多くの機能が備わっています。具体的には、クラウド録画サービスによる店舗状況の確認や、人だけを検知できる「人検知」機能、内蔵マイクやBluetoothによる双方向通話などです。

映像品質も高く、HD画質&30fpsで高画質・高感度を実現しているほか、WDR(ワイド・ダイナミック・レンジ)搭載によって、明るい部分・暗い部分も鮮明な映像を確認できます。

分析に最適な「AI-App人数カウント」

「AI-App(アイアップ) 人数カウント」は、Safie Oneに追加できるオプション機能です。「立ち入り検知」「通過人数カウント」「立ち入りカウント」の3つのアプリがパッケージになっています。

feature

立ち入り検知アプリでは、レジ前やカウンター前の混雑を検知して、パソコンやスマホに通知を送ることが可能です。通過人数カウントアプリでは、検知ラインを設定し、検知ラインを通過した人数を自動集計できます。立ち入りカウントアプリでは、検知エリアを設定し、検知エリアに立ち入った人数を自動集計することが可能です。

これらのアプリから得られたさまざまなデータは、顧客分析を行うとき大いに役立つでしょう。

Safie Oneを活用した顧客分析の事例

最後に、AIカメラとアプリを活用した顧客分析の導入事例を紹介します。

モレスキン・ジャパン株式会社は、AIカメラ「Safie One」とオプション機能「AI-App 人数カウント」を導入しています。店舗の集客や購買率などを把握するために、入店者数のデータが取れるツールを導入したいと考えたことが導入のきっかけです。

Safie Oneの導入によって、入店者数や店前交通量などを自動集計できるようになり、これらのデータは「売り場のレイアウト変更」や「販売施策の追加」などに活用できています。

当初は、カメラは念のための防犯対策でAIアプリの機能に重きを置いていましたが、映像から得られる情報量が想像よりも多かった点は嬉しい誤算になりました。豊富な情報量で施策の効果が可視化されることによって、PDCAの高速化も実現できています。

今後の展望としては、「他部門とも連携し、オフラインにおけるキャンペーンの効果測定を実施したい」とのことです。

AI機能で入店者数をカウント、映像で属性分析。効果的な売場づくりと販促施策にAIカメラを活用

店舗分析の方法をマーケティングに活用しよう

店舗分析を行えば、現状の店舗が抱える課題点や改善点を発見できます。客観的な視点での分析を心掛ければ、運営目線では見えてこなかった問題も発見できるでしょう。店舗分析には大きく3つの方法があり、分析方法によって必要なデータが異なります。そのため、目的を明確化したうえで適切な分析方法を選択することが大切です。

また、店舗分析の中でも、顧客分析は顧客のニーズや行動特性を把握しやすいので、優先して行いましょう。顧客分析を行ううえで効率よくデータを収集したい場合は、AIカメラやアプリの導入を検討してみてください。

AIカメラSafie One
かしこくなるAIカメラ「Safie One」
エッジAIを搭載し、計測・検知を行うことで映像解析をより便利にします。