AIカメラで実現する無人店舗・接客・レジ!利点や課題を解説

AIカメラで無人店舗 利点や課題

AIカメラの導入により、無人店舗や無人接客、無人レジを実現できることがあります。また、人手不足を解消できるだけでなく、人件費削減や営業時間拡大にもつなげることが可能です。

本記事では、AIカメラで無人店舗を実現するために知っておきたい事柄をまとめました。無人店舗の実現に求められるAIカメラの性能もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

AIカメラで実現できる無人店舗とは?

無人店舗とは、レジや接客を担当するスタッフが配置されていない店舗を指します。ただし、「無人」と称する店舗であっても、商品補充や顧客サポートの目的でバックヤードにスタッフが控えているケースも少なくありません。

また、AIカメラを導入した無人店舗は、決済方法やレジの有無により、次の3つの種類に分けられます。

  • ウォークスルー型店舗
  • セルフレジ型店舗
  • 自動販売機型店舗

それぞれの店舗の特徴や仕組みについて見ていきましょう。

ウォークスルー型店舗

ウォークスルー型店舗とは、顧客の動きをAIカメラとセンサーで検知するタイプの店舗です。顧客の動きや選択した商品はAIカメラで自動トラッキングされているため、レジが必要ありません。

一般的な利用の流れは以下をご覧ください。

  1. 顧客はQRコードをスキャンしてから入店する
  2. 顧客が商品を選ぶ・棚に戻す様子をAIカメラとセンサーが認識する
  3. 選んだ商品に対して退店時に自動決済が実施される

ウォークスルー型店舗では、AI技術を活用して買い物にかかる顧客労力の最小化を目指します。また、入店から決済までをワンストップでおこなうことで、効率的な運営を実現できるのも特徴です。

セルフレジ型店舗

セルフレジ型店舗とは、商品を選び終えた顧客自身が商品をスキャンをして決済するタイプの店舗を指します。ウォークスルー型店舗と異なりレジはありますが、スタッフではなく顧客が操作する点が特徴です。次の流れで利用します。

  1. 顧客は商品を選び、レジに持っていく
  2. AIカメラやセンサーが組み込まれたレジを使い、顧客自身でスキャンと決済をする

レジにはAIカメラとセンサーが搭載され、顧客の決済プロセスを補完します。ウォークスルー型とは異なり顧客には「レジ業務を自分でする」という負担がかかりますが、一つひとつ商品を確認しながら支払いができるため、安心感を得やすい点はメリットといえるでしょう。

自動販売機型店舗

自動販売機型店舗とは、入店時と決済時に顧客自身によりスキャンを実施するタイプの店舗です。次の流れで利用します。

  1. 顧客は専用アプリをダウンロードし、決済用のクレジットカードを登録する
  2. QRコードをスキャンしてから入店する
  3. 選んだ商品のQRコードをスキャンすると、クレジットカードにより自動決済される

専用アプリを登録するため、通りすがりの人というよりは固定客がターゲットとなります。店舗に設置されたAIカメラによって得られた情報を活用し、顧客や商圏内のニーズを分析するため、デッドストックが発生しにくくなる点も特徴です。

無人店舗を実現するメリット

AIカメラやセンサーなどのAI技術を導入することで、レジスタッフや販売スタッフを必要としない無人店舗の実現を目指せます。無人店舗には、次のメリットがあります。

  • 人手不足を解消できる
  • 人件費を節約できる
  • 24時間365日営業できる

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

人手不足を解消できる

無人店舗なら、レジスタッフや販売スタッフなどが基本的には不要になるため、省人化を実現できます。

人手不足で営業時間を制限していた店舗も、AIカメラなどのAI技術を活用すれば、営業時間を拡大し、販売機会を増やせるでしょう。また、新たにスタッフを採用しなくても、店舗数やビジネスを拡大できるのもメリットです。

ただし、有人レジを設けるケースや、顧客サポートのためのスタッフを配置するケースもあるため、少人数の店内スタッフが必要になる店舗もあります。また、無人店舗であっても、在庫管理等のバックオフィス業務に携わるスタッフは必要です。

人件費を削減できる

また、マネジメントや戦略などの高度な業務に、より多くの人材を配置できることもメリットです。さらなる業務効率化や事業拡大も期待できます。

24時間365日営業できる

レジスタッフや販売スタッフが不要になることで、採用やシフト作成に使う時間を削減できます。また、24時間365日の営業も可能になり、販売機会を逃しにくくなるのもメリットです。

夜間や休日は割増賃金が適用されるため、有人店舗で24時間365日営業を実現すると、人件費の負担はますます大きくなります。しかし、無人店舗ならスタッフ数を減らしつつ営業時間を拡大することが可能なため、経営効率を大きく改善し、利益率の向上も実現しやすくなるでしょう。

無人店舗を実現する際の課題

メリットの多い無人店舗ですが、いくつか課題もあります。特に次の3点については注意が必要です。

  • 防犯強化が必要
  • 初期投資が必要
  • 顧客ロイヤリティの低下

それぞれの課題について解説します。

防犯強化が必要

無人店舗では商品や現金の盗難が想定されるため、防犯強化が必要です。入退店時にAIカメラとセンサーで個人を特定し、店内にいる間もAIカメラとセンサーで顧客と商品を見守ることで防犯を強化しましょう

また、現金の盗難リスクが気になる場合は、店内にレジを設置しないウォークスルー型店舗や自動販売機型店舗を検討できます。いずれもキャッシュレス決済のため、現金が盗難される恐れがありません。

初期投資が必要

無人店舗を運営するには、AIカメラやセンサー、分析システムなどの初期投資が必要です。また、店舗のセキュリティを高めるための費用や、情報管理・在庫管理などのシステム構築費用も必要になることがあります。

顧客ロイヤリティの低下

店舗を無人化することで、顧客との直接的な接点が減り、顧客ロイヤリティが低下する可能性はあります。また、無人店舗やセルフレジを苦手とする顧客が離れてしまうかもしれません。

顧客体験を損ねずに無人化するためにも、無人店舗ビジネスに向いている業種を選ぶといった工夫が必要です。たとえば、購入点数が少ないことが予想される駅構内の店舗を無人化したり、レジの使い方をPOPでわかりやすく案内したりできるかもしれません。

無人店舗を実現するAIカメラの機能

無人店舗を実現するには、次の機能を備えたAIカメラが必要です。

  • 録画・再生機能
  • 遠隔視聴機能
  • 検知・通知機能
  • 分析機能

それぞれの機能について解説します。

録画・視聴機能

録画・視聴機能が搭載されたAIカメラなら、万が一トラブルが生じても、過去に遡って分析できます。無人あるいは少人数で店内全体を適切に管理するためにも、録画・視聴機能があるか確認しておきましょう。

遠隔視聴機能

遠隔視聴機能があれば、離れた場所から店舗内の確認が可能です。店舗にトラブルが起こったときも現地に行かずして確認できるだけでなく、トラブルを早期発見できます。また、複数の店舗を1箇所で管理できるようになり、店舗スタッフだけでなく管理スタッフの省人化にもつながります。

検知・通知機能

AIカメラの中には検知・通知機能を備えているものも少なくありません。たとえば、顧客の入退店や特定の顧客の来店、特定の商品を顧客が手に取ったときなどのさまざまなタイミングを検知し、管理者に通知します

分析機能

分析機能の搭載されたAIカメラなら、商品棚ごとに顧客の人数や属性、立ち止まり時間などを分析でき、顧客行動の理解を深められます。また、分析した内容をマーケティングに活かせば、より効果的な品揃えや棚割りの実現も可能です。

無人店舗を実現するSafieのAIカメラ

無人店舗の運営におすすめなのが、Safie(セーフィー)のAIカメラやクラウド録画サービスです。

店舗ビジネス向けAIカメラ「Safie One」

Safie One

Safie
Safie One

エッジAIを搭載。画像解析による業務効率化も叶えるカメラ

¥41,800 (税込)

外形φ76.5×92.5mm
重さ360g
防水性能なし
ネットワーク接続有線LAN、Wi-Fi
PoE給電対応
画角水平114° 垂直60°
ズームデジタルズーム 最大8倍
マイク(音声入力)あり
スピーカー(音声出力)あり
暗所撮影対応

Safie One(セーフィー ワン)は、エッジAI機能搭載のAIカメラです。HD画質で30fpsのため映像はなめらか。WDR(ワイド・ダイナミック・レンジ)機能付きなので明るい部分や暗い部分も鮮明に撮影できます。

また、工事不要で設置できるのもSafie Oneの特徴です。Wi-Fi接続すれば配線は電源ケーブルのみ、照明レールへも設置可能のため、工事にまつわる費用を抑えられます。

また、Safie Oneには双方向通話機能があり、本部との連絡や接客にも活用可能。カメラ管理アプリ「Safie Manager」を利用すれば、多店舗運用も安全に一括管理ができます。

\Safie Oneの機能が45秒でわかる動画/

Safieのクラウド録画サービス

セーフィークラウドカメラシステム図解

Safieのクラウド録画サービスは、カメラをインターネットに接続するだけでクラウド上に録画できます。パソコンやスマートフォンさえあれば、場所を問わずライブ映像や録画映像を確認できるため、店舗巡回コストの削減にも役立ちます。

また、クラウド上に録画・保存するため、レコーダーなどの録画機が要りません。運用費用だけでなく初期費用を抑えられるのも、Safieのクラウド録画サービスの特徴です。

店舗を見える化するAIアプリ「AI-App 人数カウント」

AI-App 人数カウントイメージ

Safieの「AI-App(アイアップ) 人数カウント」とは、店舗で役立つ次の3つのAIアプリがセットになったパッケージです。

  • 特定エリアでの人の滞留を検知して通知する「立ち入り検知アプリ
  • 人の通過を検知して自動集計する「通過人数カウントアプリ
  • 立ち入りを検知して自動集計する「立ち入りカウントアプリ

店舗の防犯面を強化できるだけでなく、棚割りや仕入れ、プロモーションの意思決定に役立つ情報を取得・分析できます。より効果的なマーケティング、より効率的な経営を実現するためにもおすすめのアプリです。

AIカメラ・解析で無人店舗の仕組みを構築しよう

無人店舗を実現するためには、単にAIカメラを設置するだけでは不十分です。セキュリティ対策やマーケティングも含め、AIカメラを活かした仕組みを構築することが重要です。

店舗の無人化や省人化でお悩みの方は、SafieのAIカメラやクラウド録画サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。豊富な実績と確かな技術力で、課題解決に伴走いたします。

AIカメラSafie One
かしこくなるAIカメラ「Safie One」
エッジAIを搭載し、計測・検知を行うことで映像解析をより便利にします。